バイプレイヤー斎藤洋介、“「モアイ顔」とも呼ばれる強烈な存在感”が生まれた秘話を語る

バイプレイヤー斎藤洋介、“「モアイ顔」とも呼ばれる強烈な存在感”が生まれた秘話を語る

『家なき子』『人間・失格』『聖者の行進』など、野島伸司ドラマに欠かせないバイプレイヤー・斎藤洋介が、9月24日発売週刊誌FLASHの連載「名優たちの寄港めし」に登場。

ふと立ち寄りたくなる「特別な店」で仕事と人生について聞く企画で、斎藤はスコッチ片手に思い出を語る。「モアイ顔」とも呼ばれる、強烈な存在感を放つ名優が生まれた秘話とは――。本誌をチェックしてほしい。

アイキャッチ:斎藤洋介 ©光文社/週刊FLASH 写真◎野澤亘伸

週刊FLASH(2019/10/08号)

発売日:9月24日(火)
価格:本誌・470円(税込)デジタル版・470円(税込)
※デジタル版はストアによって異なる場合がございます。
発行:光文社

斎藤洋介(さいとうようすけ)

1951年7月11日生まれ 愛知県出身
1980年『男たちの旅路』でデビュー。映画、ドラマ、部隊で活躍中