玉森裕太の“たまもりたまげる”カットに注目! キスマイの新曲「Mr.FRESH」を使用した新TVCMが10月8日よりOA

玉森裕太の“たまもりたまげる”カットに注目! キスマイの新曲「Mr.FRESH」を使用した新TVCMが10月8日よりOA

イメージキャラクターに玉森裕太を起用した、ユニ・チャーム株式会社“ウェーブ フロアワイパー”の新TVCM『たまもりたまげる』篇(15秒)が、10月8日より全国で放映開始となる。

今回は“たまもりたまげる”というキーワードのもと、“ウェーブ フロアワイパー”を初めて手に取った玉森が、自分の部屋のお掃除をする様子を描いたTVCMを制作。いちばんの見どころは、CMタイトルでもある、“たまもりたまげる”カット。食器棚と冷蔵庫のわずかなスキマに簡単に入り込んで、くまなくホコリを取る“ウェーブ フロアワイパー”の威力を目の当たりにした玉森が、思わずしてしまった“たまげる”表情とは果たして……!? 今までにないスムーズな拭き心地や、キレイ好きな人の心をくすぐる便利な機能に、興奮する玉森に注目だ。

今回のCMソングにはKis-My-Ft2 の新曲「Mr.FRESH」を起用。聴いているだけでますますお掃除が楽しくなる、軽快かつノリノリのメロディーが、“ウェーブ フロアワイパー”で部屋中をキレイにしていく玉森のチャーミングな表情を引き立てる。

■CMストーリー『たまもりたまげる』篇(15秒)
リビングで“ウェーブ フロアワイパー”を持って、カメラに向かって「新発売のウェーブ フロアワイパー」と元気よくアピールする玉森。さっそくフローリングの床をお掃除し始め、スーッと進んでいくスムーズな拭き心地に感心していると、今度はフロアワイパーのヘッド部分がクルッと回転して、素早く使用していない面へと切り替わり、予想外の動きに玉森も「まわった!」と驚く。そして、今度はキッチンの食器棚と冷蔵庫の間の狭いスキマをお掃除しようとする玉森。「まさかこのスキマに……」とドキドキしながらフロアワイパーを進めていくと簡単に入り込み、心の中で「入った……っ!?」とつぶやき、すっかりたまげた表情を浮かべている。

ここで、シンプルな抽象空間に舞台が切り替わり、食器棚と冷蔵庫のスキマにフロアワイパーを入れる玉森のデモンストレーションカットと、「スキマの奥まで簡単キレイ」というナレーションが挿入。その隣りで、商品キャラクターのウェーブくんも大喜びしている。最後は再びリビングへ。ワイパー片手に、カメラ目線で「ウェーブ♪」と歌う玉森に続いて、椅子に乗ったウェーブくんが「フロアワイパー」と力強くアピールする。

【撮影エピソード】

■玉森の爽やかスマイルに視線くぎ付け!
商品を掲げた玉森が「新発売の“ウェーブ フロアワイパー”」とポーズを決める冒頭のシーンでは、監督から「爽やかスマイルでお願いします」というリクエストを受けた。「オッケーです」と力強くうなずいた玉森は、さっそく「ここで大丈夫ですか」と商品を持つ手の位置や間隔など、細部の見え方をチェックすると、「間を空けずに言った方がいいですか?」と自然なセリフの言い回しもキッチリと確認していた。準備万端に整えて臨んだ本番1発目から、ファーストカットにふさわしい魅力的な笑顔を連発し、現場を大いに盛り上げていった。

■掃除好きの玉森もとりこになった使い心地の良さ
プライベートではほぼ毎日、部屋のお掃除をしているという玉森のリアルな姿をカメラに収めるため、よりリラックスしたお芝居が求められた今回のCM。玉森は、撮影で初めて目にした“ウェーブ フロアワイパー”のスムーズな取り扱い方をはじめ、回転するヘッドなど様々な機能も即座に使いこなし、普段からお掃除に慣れている様子が随所に垣間見えた。そんなキレイ好きの玉森だけに、カメラがオフの間も率先して部屋のあちこちを掃除。「軽く力を入れるだけでスイスイ進んでいくんですよね」と、すっかり新商品に魅了されていた。

■終始ノリノリで演じた“たまもりたまげる”の表情
狭いスキマの奥に入り込んでホコリを取る、“ウェーブ フロアワイパー”のすごさを初体験した玉森。そのときのリアクションをインパクトたっぷりに表現した“たまもりたまげる”表情の撮影では、本編で採用されたカット以外にも、眉間にシワを寄せて静かに驚くパターンから、口を大きく開けて驚くオーバーアクションまで、ノリノリで様々なバリエーションを演じる玉森の姿があった。目を大きく見開いたまま小さく口をすぼめてみせた演技では、自らの変顔を見て、「やりすぎた~」と手を叩きながら大笑い。「恥ずかしい~」と照れ笑いを浮かべるチャーミングな姿に、周りのスタッフもほっこり。

■息がピタリと合ったウェーブくんとの共演シーン
白い抽象空間で、玉森が食器棚と冷蔵庫のスキマに“ウェーブ フロアワイパー”を入れて“ドヤ顔”を見せるシーンの撮影。監督から「得意げな感じで」と指示を受けた玉森は、やや上目遣いでカメラ目線を向けたり、少し顎を上げてクールな表情を浮かべたりと、アドリブで様々なお芝居を披露。また、ブランドキャラクターのウェーブくんと共演するシーンでは、元気に動き回るキュートな仕草に癒されていた玉森。ラストカットで「ウェーブ♪」「フロアワイパー」と、ふたりでセリフを繋げて言うシーンでも息ぴったりの掛け合いを披露し、あっという間に監督から「OK」を獲得していた。

■美術スタッフこだわりの小道具の演出に興味津々!?
 “ウェーブ”シリーズのブランドカラーでもある「ブルー」の壁と、あたたかみのある木目調のフローリングや調度品との組み合わせが印象的なリビング。釣りざおを数本立て掛けたロッドスタンドのほか、ルアーやリールをテーブルに並べて、釣りが趣味という玉森の部屋の臨場感を演出した。休憩中、あちこちに置かれた釣りグッズに気付き、手に取っていた玉森。セットを手掛けた美術スタッフは、興味津々といった表情で釣りグッズを眺める玉森の姿を、ニコニコしながら見守っていた。

【玉森裕太 インタビュー】 

Q:CM 撮影の感想をお聞かせください。
狭いスキマにフロアワイパーが入ったときの“たまもりたまげる”の演技は、いろんなパターンの表情を撮って、自分でもどの“たまもりたまげる”がCM で使われるのか分からないので、オンエアされる日を、皆さんと一緒に楽しみに待っていようかなと思います。

Q:『たまもりたまげる』篇ということで、玉森さんが最近、たまげたエピソードは?
福岡で行った映画の舞台挨拶に、メンバーの宮田さんがこっそり現れたことですね。彼が出ている福岡の情報番組のスタッフの方に直談判して、少しだけお仕事も兼ねていたそうですが、元々プライベートな時間だったはずなのですが、わざわざ観に来てくれたのはうれしかったですし、あの時は本当にたまげました(笑)。

Q:玉森さんは普段どれぐらいの頻度でお掃除をしますか?
ほぼ毎日お掃除をしています。生活していると、絶対ホコリとか髪の毛とか出てしまうじゃないですか。そういうのが結構気になる性格なので、時間をかけず、軽くササッとお掃除するぐらいのことは欠かさずやっています。あと、床のお掃除やホコリを取るのももちろん好きなんですけど、特に水周りはキレイにしたいのでマメにお掃除していて、お風呂場の鏡や床、ガラスなど、水滴を残したくない場所には車用の撥水(はっすい)コートを使うこともあります。

Q:いま特にキレイにしたい“スキマ”は?
自宅の冷蔵庫のスキマをしっかりとお掃除したいです。やっぱりスキマとかスキマの奥って、なかなかお掃除をするのが難しいんですよ。あとは、洗濯機のスキマもキレイにしたいかな。実は、撮影中もスキマにワイパーを入れながら「あ、これ、早く家でも使いたい!」と思って、ずっとテンションが上がっていました。

Q:CMをご覧になる視聴者の皆さんに、メッセージをお願いします。
“ウェーブ フロアワイパー”は、これまで諦めていた狭いスキマにもアプローチできて、お掃除がさらに楽しくなる新しい商品になっています。僕の「たまもりたまげる」の演技や、華麗な“ウェーブ フロアワイパー”さばきを、ぜひご覧になってください。そして今回のCMでは、Kis-My-Ft2 の新曲も流れますので、こちらもぜひ聴いてください。よろしくお願いします。

リリース情報

2019.11.13 ON SALE Kis-My-Ft2 SINGLE「Edge of Days」


ウェーブ ブランドサイト
http://www.unicharm.co.jp/wave/product/floor/

Kis-My-Ft2 オフィシャルサイト
 https://avex.jp/kismyft2/

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by M-ON! MUSIC