子供は大ウケで大人は感涙!『トイ・ストーリー4』ついに興収100億円突破

子供は大ウケで大人は感涙!『トイ・ストーリー4』ついに興収100億円突破

大ヒット公開中の映画『トイ・ストーリー4』が、9月23日でついに興行収入100億円を突破。動員778万7,223人、興行収入100億1,098万円を記録する大ヒットとなっており、特に動員は前作『トイ・ストーリー3』(最終興収108億円)の735万人を大幅に超えている。

夏休みが終わっても映画館に足を運ぶ人が後を絶たず、その記録を伸ばし続けている本作。競合となる夏の大作映画が続々と公開する中、公開から9週連続で映画動員ランキングTOP10にランクインし続け、10、20代の男女やファミリー層だけでなく、40代以上の男性1人客も多く劇場に足を運ぶなど、あらゆる世代が幅広く劇場を訪れている。特にシリーズとともに成長してきた30代以上の観客の心をしっかり掴んでおり、SNSでは、
「大人が楽しめる作品!感動あり笑いありで最高の映画だった」
「トイ・ストーリー4、今までより深かった気がする。大人の方が感動する」
「トイ・ストーリー4は大人になったからこそ刺さるのかもしれないな」
「今までより大人向け」
「子供は大ウケで大人は感涙。ツボを突かれる良い映画でした!」
など絶賛の声が相次いでおり、これまでシリーズを観てきた大人たちからの共感も。結末が賛否両論となる中、ウッディが最後に下した大きな決断に日本中が注目している。

また、ハロウィンの時期も近づいているが、今年は映画のヒットから例年以上に「トイ・ストーリー」キャラクターたちに仮装する人が増えているようだ。主人公のウッディはもちろん、女性にはボー・ピープやギャビー・ギャビーも人気となっている。

【STORY】
“おもちゃにとって大切なのは子供のそばにいること”──新たな持ち主ボニーを見守るウッディ、バズらの前に現れたのは彼女の一番のお気に入りで手作りおもちゃのフォーキー。彼は自分をゴミだと思い込み逃げ出してしまう…。ボニーのためにフォーキーを救おうとするウッディを待ち受けていたのは、一度も愛されたことのないおもちゃや、かつての仲間ボーとの運命的な出会い、そしてスリルあふれる遊園地での壮大な冒険だった。見たことのない新しい世界で、最後にウッディが選んだ“驚くべき決断”とは…? 世界中が涙した前作を超える、「トイ・ストーリー」史上最大の感動のアドベンチャー。その結末は、あなたの想像を超える──。

作品情報

『トイ・ストーリー4』
大ヒット公開中

監督:ジョシュ・クーリー
製作:ジョナス・リヴェラ
全米公開日:2019年6月21日
原題:Toy Story 4
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

オフィシャルサイト
https://www.disney.co.jp/movie/toy4.html