ウィル・スミス主演映画『ジェミニマン』より物語のカギを握る登場人物たちの新場面写真が一挙解禁

ウィル・スミス主演映画『ジェミニマン』より物語のカギを握る登場人物たちの新場面写真が一挙解禁

ウィル・スミス主演の映画『ジェミニマン』の場面写真が一挙解禁となった。

本作は、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(13)などで2度のアカデミー賞監督賞を受賞した巨匠、アン・リーがメガホンを取った、近未来アクションエンターテイメント。伝説的暗殺者のヘンリー(ウィル・スミス)がミッションを遂行中、自分の動きを全て把握し、神出鬼没で絶対に殺せない最強のターゲットの正体が、自身の若きクローンであるという事実を知る驚愕の作品となっている。

今回到着したのは、ウィルの渾身の演技と最新技術により実現した“Wウィル”や鬼気迫るアクションシーン、そしてWウィルを取り巻くキャラクターたちの迫真の表情を収めた場面写真。引退を決意した伝説のスナイパー、ヘンリーと彼を監視するDIA(アメリカ国防情報局)の潜入捜査官ダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)が共闘し銃を構える緊迫した様子や、クライブ・オーウェン演じるクローンを作る謎の秘密機関”ジェミニ”の鍵を握る男の存在、そして秘密裏に創られた23歳のヘンリーのクローンが複雑な表情を浮かべながら佇む姿からは、このクローンが生み出された背景と彼らを待ち受ける運命の裏に、いったい誰にどんな秘密が隠されているのかますます謎が深まるばかり。

さらに、映像表現への並々ならぬ意欲を見せるアン・リー監督が、バイクを用いた壮絶なアクションを “バイフー”と名付けたバイクチェイスシーンも捉えており、衝撃のストーリー展開に下支えされた新次元のエキサイティングなアクションからも目が離せない。

ウィルは、最強の暗殺者と23歳のクローンという二役を演じるにあたって、ハリウッドでも指折りの輝かしいキャリアを振り返りながら「僕にとって、これはすばらしいタイミングで訪れたんだよ。僕も、今、人生を振り返る時期に来ている。自分はどんな人間で、これまで何をしてきたのか。若い日の自分が同じ道を辿ろうとしているのを見たら、どう言ってあげるのか。自分が今後悔していることをやらせずにすむチャンスなのではないか。そういうことは、23歳の僕には共感できないことだった」と、さまざまな経験を経た今の自分自身に相応しい作品に巡り合えた喜びを明かしている。

かつてない臨場感で描かれるウィルvsウィルのアクションはもちろん、自身を狙うクローンと対面する感情の淀みにもフォーカスし、人間の本質にも迫る壮大なテーマを秘めた映画『ジェミニマン』は、10月25日(金)より公開される。

作品情報

『ジェミニマン』
10月25日(金)全国ロードショー!

監督:アン・リー
製作:ジェリー・ブラッカイマー(『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ)
出演:ウィル・スミス、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、クライブ・オーウェン、ベネディクト・ウォン
全米公開:2019年10月11日
配給:東和ピクチャーズ
© 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED.

オフィシャルサイト
geminiman.jp