広瀬すず、“あの時スカウトしてよかった”。鈴鹿央士とのスペシャル対談が実現

広瀬すず、“あの時スカウトしてよかった”。鈴鹿央士とのスペシャル対談が実現

10月4日(金)より公開される、映画『蜜蜂と遠雷』で俳優デビューを果たし、風間 塵役を演じる鈴鹿央士と鈴鹿をスカウトした女優・広瀬すずのスペシャルな対談が実現した。

原作は、史上初の快挙となる「直木賞」(第156回)と「本屋大賞」(2017年)のW受賞を果した、恩田 陸の新たな代表作となった同名作。国際ピアノコンクールを舞台に、亜夜(松岡茉優)、明石(松坂桃李)、マサル(森崎ウィン)、塵(鈴鹿)という世界を目指す若き4人のピアニストたちの挑戦、才能、運命、そして成長を描く。

2017年に公開した映画『先生、、、好きになってもいいですか?』のロケ地となった高校に、当時、通っていた鈴鹿はエキストラで参加したところ、広瀬の目に留まりスカウトをされた。その後、2018年には雑誌『MEN’S NON-NO』で見事グランプリを勝ち取り、同誌の専属モデルに。さらに、100人のオーディションの中から本作の鍵となる、風間 塵役を勝ち取った。そして、今年はNHK連続テレビ小説『なつぞら』や11月に公開する映画『決算!忠臣蔵』にも出演するなど、今、最も急上昇中の若手俳優の一人だ。

そんな、鈴鹿のデビュー作を、広瀬がいち早く鑑賞。本作で初めて演技を経験した鈴鹿ついて、広瀬は「感動しました。凄いですね。無重力な世界にいそうな、不思議な存在感でした。(風間 塵は)普段の央士くんは独特な雰囲気なんですが、リンクする瞬間があって、素敵でした」と映画の中でも、役柄同様の異質な存在感で、肩を並べる主役級のキャストにも負けない存在だったと語った。また、鈴鹿を見つけた経緯についてを聞かれると、映画の撮影中に「なんて顔の小さい子がいるんだろうと…と思った。顔が小さいのが目立っていた」と目立つ存在だったと明かした。

鈴鹿はスカウト後、「凄く人生が3年間で変わった。映画『蜜蜂と遠雷』もあって、芸能界という世界に入って、凄く沢山の人に出会って、人との出会いを好きになれた3年間でした」と、広瀬がきっかけで大きく人生が変わったと広瀬への感謝を語ると、広瀬は「このお仕事は、入ってすぐに好きになれる世界ではない。私自身、最初はずっと苦手意識が残っていたので。(鈴鹿を)3年間見ていて、“好き”に出会えたといってくれて、あの時、事務所の人に「凄い可愛い、小さい顔の子がいるんです」と、言って良かったなと思いました。心配していたんです」と、鈴鹿への思いを話した。

ドラマで共演した印象を聞かれると、広瀬は「共演が思っていたより早かった。セリフを交わすのは少ないんですが、変なドキドキがありました。でも(鈴鹿は)飄々としていました(笑)」と、大舞台にも関わらずマイペースに見えたと話すが、鈴鹿は「いや、とても緊張していました。リハーサルの時も違和感はありました」とお互いに初共演は緊張していたと話した。

続けて、鈴鹿は広瀬に対し「凄く尊敬しているし、芸能界に入るきっかけになった方です。尊敬、感謝…。何で僕を選んだんだ? というネガティブじゃなくて、ポジティブな気持ちです(笑)」と、独特な想いちを打ち明けた。広瀬は鈴鹿に対し「見た目よりも上にも下にも見えるのは武器だと思う」と鈴鹿の魅力を語りつつ、「(鈴鹿)同世代では、なかなかいない。インタビュー中もずーっと黙って(笑)。ピュアな部分もあり、変に変わったりしなさそうなので、楽しみです。このままでいて欲しいです。それがお芝居にも繋がっているんだろうなって思いました」と、鈴鹿の今後の期待を語った。

最後に映画について広瀬は「音楽を通して肌で感じたものは人を変えていくんだなと。人を頼ってもいいんだと気づかされました」と感想を語った。

【STORY】
「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスをもち、近年高い注目を浴びる芳ヶ江国際ピアノコンクール。ピアノの天才達が集うこのコンクールの予選会に、若き4人のピアニストが現れる。7年前の突然の失踪から再起を目指す元・天才少女、英伝亜夜。“生活者の音楽”を掲げ、最後のコンクールに挑むサラリーマン奏者、高島明石。人気実力を兼ね備えた優勝大本命、マサル。今は亡き“ピアノの神”からの「推薦状」を持つ謎の少年、風間塵。熱い“戦い”を経て、互いに刺激し合い、葛藤し、成長を遂げ<覚醒>していく4人―。その先に待ち受ける運命とは。

作品情報

『蜜蜂と遠雷』
10月4日(金)全国公開

原作:恩田陸「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎刊)
出演:松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン 鈴鹿央士(新人)臼田あさ美 ブルゾンちえみ 福島リラ/眞島秀和 片桐はいり 光石 研 平田 満 アンジェイ・ヒラ 斉藤由貴 鹿賀丈史
監督・脚本・編集:石川 慶
©2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

『蜜蜂と遠雷』原作