「AV界の帝王」村西とおる、話題のドラマ『全裸監督』を本人が生解説!

「AV界の帝王」村西とおる、話題のドラマ『全裸監督』を本人が生解説!

「AV界の帝王」村西とおるの反省をドキュメントで描いたNetflixのドラマ『全裸監督』。その村西と原作本の著者・本橋信宏の対談が、本日10月8日(火)発売の週刊誌『FLASH』に掲載された。

ディープすぎてドラマでは描かれなかった「真実の全裸監督」について二人が当時を回想しながら語り合っている。村西はドラマのキャストにも触れ、「山田孝之さんの演技は手鏡で自分を見せられたようだった」とも語った。

また同企画にはドラマに出演した冨手麻妙が語る制作裏話も掲載。まさにドラマファン必読のページとなっている。

アイキャッチ:村西とおる ©光文社/週刊FLASH 写真◎井上たろう

山田孝之&満島真之介&玉山鉄二が“事件性を感じた”『全裸監督』。メイドインジャパンの問題作が、いよいよ全世界に向けて放たれる!

山田孝之&満島真之介&玉山鉄二が“事件性を感じた”『全裸監督』。メイドインジャパンの問題作が、いよいよ全世界に向けて放たれる!

2019.08.05

週刊FLASH(2019/10/22・29号)

発売日:10月8日(火)
価格:本誌・499円(税込)デジタル版・499円(税込)
※デジタル版はストアによって異なる場合がございます。
発行:光文社

村西とおる(むらにしとおる)

1948年9月9日生まれ 福島県出身
セールスマン、ビニ本業者などを経て、1980年代からAV監督として活躍。「駅弁」、「ハメ撮り」、「顔面シャワー」などの表現を発明。「アダルトビデオの帝王」と呼ばれ、雑誌やテレビ番組に多数出演する。