玉城ティナの“デスノート”にファン&キャストもドン引き!? 映画『地獄少女』完成披露試写会開催

玉城ティナの“デスノート”にファン&キャストもドン引き!? 映画『地獄少女』完成披露試写会開催

11月15日(金)に全国公開される、映画『地獄少女』の完成披露試写会が本日10月8日(火)に行われ、主演の玉城ティナをはじめ、森 七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田 富、白石晃士監督が登壇した。

小学生の時に連載漫画を読んでいたという玉城は「まさか自分が閻魔あいを演じるなんて最初は驚きました」とオファーが来た時の心境を振り返った。また、閻魔あいを演じるにあたり、「ウィッグをかぶったり、お着物だったりというビジュアルはもちろんなんですけど、今回は少ないセリフの中でどういうふうに感情をのせるかというのが課題でした。その中でも目線と声の使い方は一番気を付けました。目線は目を合わせなかったりして違う次元にいることを感じさせたり、声もアニメのセリフを何回もリピートしたり、声優さんのラジオを聞かせてもらったりしました」とキャラクターを作りあげていく過程を明かした。

また、閻魔あいの決めセリフ「いっぺん、死んでみる?」にもこだわったようで、「何回か劇中で出てくるんですが、ちょっとずつニュアンスを変えているので、是非注目してほしいです」と語った。

一方、人気原作の映画化に挑んだ白石監督は「果たして、復讐したらすっきりするのか?という問いかけであるとか、どうしても恨みを晴らさずにはいられない人たちの黒い感情や切なさ、そういう状況にならざるを得ない人達の行く末を見届けるというか。自分は原作でそういうことが描かれていると思っていたので、そんなことを中心に描ければいいなと思いました。あとは、音楽にもこだわりました。閻魔あいが歌う童謡だったり、早苗(大場)が歌うアイドル的な歌、魔鬼(藤田)が歌うビジュアル系のロックな曲とか音楽映画の側面を入れて、『地獄少女』のカラフルさを出してみました」と、映画版ならではのこだわりを明かした。

そして、『仮面ライダーアマゾンズ』のヒーロー役で印象が強い藤田は、本作でカリスマアーティスト魔鬼を演じたが、共演の多かった仁村は「魔鬼があるモノを出すシーンがあるんですけど、そのポーズがどうしてもヒーローっぽくかっよくなってて(笑)」とコメント。藤田は「魔鬼は自分では正しいことを行ってると思ってるし、なんなら、幼少期は仮面ライダー見てて、ヒーローに憧れてたんだけど、それが悪い方向にいっちゃってるんですよね」と“仮面ライダー”ネタを交えながら、自身が演じた魔鬼について分析して会場の笑いを誘った。

ここで、本作のちなみ、“人に恨みを持ちそうになった時『地獄通人』に代わって、こうやって解消しています”というストレス発散法をそれぞれ発表することに。玉城は、「私にももちろん負の感情はありますし、それを放出しているんですけど……人には絶対見せられないノートがあります!」と告白。キャストから「えっ!」「デスノート?」と声が漏れるなど、若干引き気味の空気になると、その空気を察した玉城は「こんなに引かれると思わなかった(笑)」と少し焦りながら、「わざわざ声にしたり、どこかに発信しないように、自分だけで収められるように書き込んでおります。おすすめですよ!」と可愛く笑った。

一方、森は「私は寝るに限ります!」と一言。しかし、不都合もあるようで「寝ると、楽しいことも嫌なことも全部忘れるんです。だから、最悪だし最高です」と少し複雑な表情をしながら話した。

また、本日10月8日は玉城の22歳の誕生日。サプライズでお祝いされると「恥ずかしい~! そんなお祝いされる身分じゃない~」と驚きを隠せないまま、「照れますね。嬉しい! 皆さんありがとうございます! しつこくしつこく頑張っていきたいと思いますので、宜しくお願いします」と感謝しつつ今後の目標を語った。さらに、『地獄少女』原作アニメのキャラクターデザインを担当した岡 真里子が特別に描きおろした色紙がプレゼントされると、「めっちゃ可愛い~! すごい! 嬉しい~!」と感激した様子。「やっぱり、こうやって見ると閻魔あいは圧倒的ですね。そんなキャラクターを演じられて改めて嬉しいです」とコメント。続けて、「約1年前にみんなの想いを詰め込んでできた作品です。閻魔あいに魅了されながら、人間の本質的だったり、だれしもが感じたことがあるような感情が描かれているので、観終わった後に何を感じたのか自分の心に問いかけていただきたいです。本日は本当にありがとうございました」と作品をアピールしてイベントは幕を閉じた。

【STORY】
―午前0時に開く秘密のサイト「地獄通信」―
「ねえ、知ってる? 夜中0時にだけ開くサイトで依頼すると、地獄少女が現れて、恨みを晴らしてくれるんだってー」都市伝説の話題に沸く女子高生、そのグループになじめず、浮かない表情を浮かべるのは市川美保(森 七菜)。
大好きなアーティスト、魔鬼のライブで知り合った南條 遥(仁村紗和)に魅了された美保は、遥とともに魔鬼ライブのコーラスのオーディションを受けることに。受かったのは遥。やがて少しずつ様子がおかしくなっていく遥を心配した美保は、魔鬼が、遥をライブで行う<儀式>の生贄にしようとしていることを知り、噂のサイトにアクセスするー。

作品情報

『地獄少女』
11月15日(金)全国ロードショー

出演:玉城ティナ 橋本マナミ 楽駆 麿 赤兒 森 七菜 仁村紗和 大場美奈(SKE48)森 優作 片岡礼子 成田瑛基 / 藤田 富 波岡一喜
原案:わたなべひろし
原作:地獄少女プロジェクト
監督・脚本:白石晃士
主題歌:GIRLFRIEND 「Figure」(エイベックス)
劇中歌:V.A「地獄少女」劇中オリジナルソングス(アルテメイト)
製作:映画『地獄少女』製作委員会
制作プロダクション:ダブル・フィールド
配給:ギャガ
©地獄少女プロジェクト/2019映画『地獄少女』製作委員会

オフィシャルサイト
gaga.ne.jp/jigokushoujo-movie/