竹財輝之助登壇! ドラマ『東京男子図鑑』中国最大級のイベント「bilibili world 2019」で制作発表実施

竹財輝之助登壇! ドラマ『東京男子図鑑』中国最大級のイベント「bilibili world 2019」で制作発表実施

中国・上海で開催された中国配信プラットフォームbilibili主催の大型イベント「bilibili world 2019」で、ドラマ『東京男子図鑑』の制作発表イベントが開催され、主演の竹財輝之助が登壇した。

本作は、2017年にAmazonプライム・ビデオで配信され、圧倒的な人気を博した『東京女子図鑑』の男子版。日中共同プロジェクトで製作することが決定しており、中国(台湾、香港、マカオ含む)ほか、アジア地域では、2019年冬に先行配信予定、日本では2020年にカンテレで放送予定となっている。

イベントに登場した竹財が流暢な中国語で挨拶をすると、会場は嵐のような歓声に包まれた。近年出演したドラマ『ポルノグラファー』が中国やアジア全土でヒットしていることもあり、事前申し込み制の本イベントにはファンが殺到。 当日2回にわたり行ったトークショーでは、まず本作の情報解禁と全世界初公開の特別映像が公開された。トークショーでは、本作の内容や、OP・ED曲を飾ったちゃんみな、共演した市川由衣から会場へのメッセージ映像、竹財演じる主人公の紹介などで大盛り上がり。今回の発表をきっかけに、TwitterとWeibo(中国版Twitter)を新しく始めることも発表された。

また、中国で竹財を表す言葉としてファンたちが使っている「整形式演技」という言葉の意味を質問する場面も。「役ごとに整形したように違う人物になりきる」という意味だと分かると、竹財は「とてもうれしいです!」と笑顔で答えた。イベントの後半にはジャンケン大会も行われ、勝ち残ったファンと写真撮影をするなどのファンサービスを行うと、悲鳴に近い歓声が上がっていた。

最後に竹財が、「ぜひこの冬、bilibiliで『東京男子図鑑』を観てくださいね!」と本作への意気込みを語り、ファンからは「絶対観ます! 冬にも上海に来てください!」と熱烈に要望され、トークショーは最高潮の盛り上がりで幕を閉じた。

【STORY】
あなたの目に映る東京は、どんな街ですか
これは、ある東京男子の20年間の物語。千葉県浦安の実家から都内の有名私立大学に通っていた翔太(竹財輝之助)は、恋人が年上の金持ち男と遊んでいることを知り、「女は結局、カネなんだ」と東京でのし上がることを誓う。一流商社に就職し、カネにも女にも不自由しない生活を手にした翔太。しかし、女遊びもせずに働く同期の小島(落合モトキ)との出世争いや、年収3000万以上の男との結婚を望むみなみ(田中シェン)との恋愛を通して、少しずつ価値観が変わっていく。
ベンチャー企業のCEOになっていた同級生・一馬(森岡龍)との再会によって人生が大きく変わった翔太は、部下として出会った瑠璃子(市川由衣)との付き合いを経て、東京で生きることの意味を見つめ直すことになる。金と仕事と女に奮闘しながら年齢を重ね、翔太が辿り着いた場所とは…。

作品情報

『東京男子図鑑』
2019年冬:アジア地域(中国(台湾・香港・マカオ含む)ほか)先行配信
2020年:日本放送・配信予定

原作:東京カレンダー 「東京男子図鑑」(東京カレンダーWEBにて連載中)
監督:松本佳奈( 「デザイナー 渋井直人の休日」 ) 脚本:秋山竜平(「流れ星」)
出演:竹財輝之助 市川由衣 落合モトキ 水間ロン 牧田哲也 花影香音 愛加あゆ 鎌滝えり 早織 田中シェン 瀧川英次 森岡龍/山中 崇
オープニング/エンディング曲:ちゃんみな「Call」/「アーカイブに保存した曲」(ワーナーミュージック・ジャパン)
制作:カンテレ
制作協力:ワタナベエンターテインメント
製作著作:「東京男子図鑑」製作委員会

オフィシャルサイト
https://www.ktv.jp/danshi-zukan/

オフィシャルTwitter
@Tokyoboy_2020