最初はバイオリンの持ち方もわからなかった。波瑠、中川大志、松下由樹がドラマ『G線上のあなたと私』撮影の裏側をトーク

最初はバイオリンの持ち方もわからなかった。波瑠、中川大志、松下由樹がドラマ『G線上のあなたと私』撮影の裏側をトーク

本日10月10日(木)、スペースFS汐留にて、ドラマ『G線上のあなたと私』の舞台挨拶が開催。第一話のプレミア試写会の後、波瑠(小暮也映子 役)、中川大志(加瀬理人 役)、松下由樹(北河幸恵 役)が登壇し、本作にまつわるトークを展開した。

まず、同じいくえみ 綾原作のドラマ『あなたのことはそれほど』でも主演を務めていた波瑠は、両作品の主人公を対比して「安心しました。也映子みたいな素直で、悪いことをしない女の子の役もやらせてもらえるんだと思って(笑)」とコメント。

また、今回登壇した3人は本作で初共演とのことだが、波瑠いわく「和気あいあいとしてる」とのこと。さらに松下は、「ナチュラルにいますね。全員バイオリンをはじめて習うということで、個人練習から始まったんですけど、そういう共通点がクランクインする前からあったというのが大きかったと思いますね」と、3人が初めてバイオリンを習ったことも明かしてくれた。

なお、劇中での演奏は代役を立てておらず、出演者の演奏をそのまま使っているそう。そのため、バイオリンの練習はそれぞれ今年の頭から春に始めたのだが、最初はどう触っていいかもわからず、その様子は「第1話のようでしたね」と中川。そんな中で練習をしていき、中川は「はじめて1つの曲が形になったのかなと思えた瞬間は、ちょっと嬉しかったですね」と、手ごたえを掴みだした時期についても言及。松下は音が出るバイオリンを練習する時間帯が気になっていたようだが、はじめて3人で音をあわせたときから楽しくなってきたことも語ってくれた。

またイベントでは、ほかの共演者についてもトーク。中川は兄役として出演している鈴木伸之と、今までに2回ほど共演したことがあり、撮影の合間にはふざけ合うような関係であると紹介した。

松下は夫役の小木博明(おぎやはぎ)について、「撮影初日で小木さんがずっと話をしてくれていた」と語り、おかげで北河家かその日のうちに、家族だと感じられるほど仲が良くなったとのこと。さらに義母役の夏樹陽子は、松下演じる幸恵の悪口を近所に言いふらしているのだが、松下はけっこう離れたところにいたにもかかわらず、悪口が聞こえてきて驚いたそう。「幸恵さんの気持ちを改めて実感しました(笑)」と振り返った。

そして、最後は波瑠が「町のどこかに音楽教室があって、私たちみたいな3人が支えながら、もらったり与えたりし合っている、そういう素敵な環境がどこかにあるかもしれないと思いながら、楽しんでいただけたらすごく嬉しいです」とメッセージを送り、イベントは終了。

ドラマ『G線上のあなたと私』は、TBSにて10月15日(火)よる10時より放送される。

フォトギャラリー

【STORY】
「ごめん、今になって」「すきな子がいる」と、小暮也映子(波瑠)は寿退社間近に婚約者から婚約破棄を告げられる。泣きながら放心状態でフラフラと立ち寄ったショッピングモールで「G線上のアリア」の 生演奏を耳にしたのをきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。
教室で同じクラスになったのはイマドキの大学生・加瀬理人(中川大志)と主婦の北河幸恵(松下由樹)。人間関係もバイオリンも一筋縄ではいかない3人を取り巻く人間模様と、それぞれの想いが交錯していく…。

番組情報

火曜ドラマ『G線上のあなたと私』
10月15日(火)スタート 毎週火曜22:00~22:57

出演者:波瑠 中川大志 桜井ユキ 鈴木伸之 真魚 滝沢カレン 森岡 龍 小木博明 夏樹陽子 松下由樹 ほか
製作:TBSスパークル/TBS
原作:いくえみ綾「G線上のあなたと私」コミックス全4巻(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:安達奈緒子
演出:金子文紀 竹村謙太郎 福田亮介
チーフプロデューサー:磯山 晶
プロデューサー:佐藤敦司
©TBS
©いくえみ綾/集英社

『G線上のあなたと私』原作コミック