エド・シーランのキャスティング裏話が明らかに! 映画『イエスタデイ』スペシャル対談映像が解禁

エド・シーランのキャスティング裏話が明らかに! 映画『イエスタデイ』スペシャル対談映像が解禁

10月11日(金)に日本公開される、映画『イエスタデイ』のスペシャル映像が解禁となった。

本作は、“もしも自分以外に「ザ・ビートルズ」を知らない世界になってしまったとしたら!?”というユニークな設定で音楽、夢、友情がザ・ビートルズの名曲に彩られ展開していくドラマ。主人公ジャック役のヒメーシュ・パテル、エリー役のリリー・ジェームズらフレッシュで個性的なキャストに加え、日本でも大人気のエド・シーランの出演も大きな話題を呼んでいる。

今回解禁となった映像は、本人役として本作に出演しているエド・シーランと、脚本を務めたリチャード・カーティスの対談。以前、カーティスは「エドは僕の友人で、売れなかったミュージシャンがその後、世界で最も成功するというエピソードや彼の恋愛模様についてエドがモデルになっている。だから、エド以外で本人役のキャスティングは考えられないよ!」と語っていた。しかし、最初のキャスティング候補はまさかのコールドプレイのクリス・マーティンだったという衝撃の事実が明らかに。

選ばれた理由について、「撮影の時期に僕がツアーをしていたから観客の映像を撮れた」と悲しそうにこぼすエドに対して、「仮にクリス・マーティンを出演させていても、観客の映像は君に頼んだ」と正直に伝えるカーティス。優しいエドをからかうカーティスという、2人の仲の良さが伝わる微笑ましいやり取りが収められている。

 

【STORY】
“イエスタデイ<昨日>”まで、地球上の誰もがザ・ビートルズを知っていた。しかし今日、彼らの名曲を覚えているのは世界で一人、ジャックだけ・・・ジャックは突然、信じられない不思議な世界に身を置くこととなってしまった!ジャックは、イギリスの小さな海辺の町に住む、悩めるシンガーソングライター。幼なじみで親友のエリーから献身的に支えられているもののまったく売れず、音楽で有名になりたいという夢に限界を感じていた。そんな時、世界規模で瞬間的な停電が起こり、彼は交通事故に遭う。昏睡状態から目を覚ますと、この世には史上最も有名なバンド、ザ・ビートルズが存在していなかったことになっていることに気づくが…。

作品情報

『イエスタデイ』
10月11日(金)全国ロードショー

監督:ダニー・ボイル
脚本:リチャード・カーティス
製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー、マット・ウィルキンソン、バーニー・ベルロー、リチャード・カーティス、ダニー・ボイル
製作総指揮:ニック・エンジェル、リー・ブレイザー
出演:ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、ケイト・マッキノン、エド・シーラン(本人役)
配給宣伝:東宝東和
©Universal Pictures

オフィシャルサイト
https://yesterdaymovie.jp/

オフィシャルTwitter
@YesterdayJP (#映画イエスタデイ) 

オフィシャルFacebook
@YesterdayJP