あのオバマもツイートした! 人類史上初のマラソン2時間切りを果たしたキプチョゲに各界から称賛の声殺到

あのオバマもツイートした!  人類史上初のマラソン2時間切りを果たしたキプチョゲに各界から称賛の声殺到

ついに人類が2時間の壁を破った! ケニアのマラソン選手エリウド・キプチョゲが、史上初となるマラソンでの2時間突破を達成した。

オーストリアの首都ウィーンで行われた今回のレースは、非公式の特別レース。約30人のペースメーカーが入れ替わりでレースを引っ張り、風による負担を軽減するために、前後方に数人がつくなどしたため、公認記録にはならなかったものの、1時間59分40秒という驚異的な数字は人類史上初! 未知の世界に足を踏み入れたキプチョゲの走りに、世界中がどよめいた。

34歳となるキプチョゲは、2012年にマラソンに転向。2013年に初の大会にチャレンジすると、大会新記録で優勝するとその後も順調にキャリアを重ね2018年のベルリンマラソンでは、これまでの記録を1分以上縮める2時間1分39秒で世界記録達成した。2017年にも企業企画の非公認レースで2時間00分25秒を記録したが、今回はついに2時間切り。この偉業達成に、SNSでは称賛の声が相次いでいる。

サッカーの本田圭佑は「おめでとう!」と、シンプルな祝福をSNSに投稿。サッカーだけでなく、様々なスポーツや社会問題に興味関心を抱く本田らしいツイートだ。

スポーツに造詣の深いタレントの武井 壮も「信じられん時代になってきたなあ」と、キプチョゲの快挙に驚きの様子。陸上十種競技の元日本王者という経歴があり、自身も陸上に興じている武井だからこそ余計に、キプチョゲの記録は驚異的なものと感じたのだろう。

さらに、こんな大物もキプチョゲを称賛! アメリカの前大統領、バラク・オバマは自身のSNSを更新。翌日に女性の世界記録を達成したブリジット・コスゲイにも言及し、人類史上初の快挙を祝福した。

キプチョゲは、自身のSNSでサポートしてくれたすべての人に「私達全員が勝者です」と感謝の意を表す投稿を行った。陸上競技が新しいフェーズに突入したことを感じさせてくれる、キプチョゲの快挙。果たして人類はどこまで速く走ることができるのか? 今後の記録更新にも注目だ。

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by MY HERO