笑わない男・稲垣啓太が笑った! 人気漫画家の絶妙な似顔絵公開に本人も「とても嬉しいです」【ラグビーW杯】

笑わない男・稲垣啓太が笑った!  人気漫画家の絶妙な似顔絵公開に本人も「とても嬉しいです」【ラグビーW杯】

『ろくでなしBLUES』『ROOKIES』などの代表作で知られる人気漫画家の森田まさのりが、10月15日(火)に自身のツイッターを更新。ラグビーワールドカップでの活躍で“時のひと”のひとりとなっている日本代表のプロップ、稲垣啓太のイラストを投稿して話題を集めている。

森田は「にわかファンが絶対に笑わない稲垣選手を笑わせてみた」というタイトルで、日曜日に行なわれた歴史的一戦、スコットランド戦でトライを決めた同選手を描写し、スマイリーな似顔絵に仕立ててアップした。

これには稲垣自身もすぐさま反応し、「ろくでなしBLUESすげぇ好きです。とても嬉しいです。ありがとうございます森田先生」と喜びのコメントを寄せた。

稲垣と言えば、トライを決めた後だけでなく、試合後の歓喜に沸くチームの記念撮影でも笑顔を見せず、インタビューでも「笑ったことがないですね」とコメントするほど、マイペースを崩さない。そんな「絶対に笑わない男」を笑わせてみたくなったのだろう。昨年のM-1グランプリで「漫画家」というコンビで出場。ドラマ化もされ漫才をテーマにした漫画『べしゃり暮らし』も描いた森田ならではユーモアだ。

投稿をチェックしたフォロワーからも

「稲垣選手の笑顔素敵すぎます」
「そっくり!微笑稲垣」
「確かにこんな笑顔になりそうですよね」
「先生、すっげぇー!」

などなど似顔絵を絶賛する声のほか、

「リーチ選手と姫野選手と田中選手描いて欲しいなぁ」
「可能なら各選手の似顔絵をすこしずつ書いて盛り上げて頂けないでしょうか?」
「森田先生の描いた現代版スクールウォーズが見てみたいです」

といった要望もあり、瞬く間にネット上で話題となった。

10月20日(日)には史上初の準々決勝で強敵・南アフリカと対戦するジェイミージャパン。どこまでもクールな男、稲垣の奮迅のパフォーマンスに期待がかかる。


文 / THE DIGEST編集部
写真 / 茂木あきら(THE DIGEST写真部)

Produced by 【es】エンタメステーション
Supported by THE DIGEST