『なつぞら』スピンオフに菊介の妻と娘が登場!中島亜梨沙、川床明日香、坂井真紀が出演決定

『なつぞら』スピンオフに菊介の妻と娘が登場!中島亜梨沙、川床明日香、坂井真紀が出演決定

11月2日(土)にNHK BSプレミアムにて放送される、連続テレビ小説『なつぞら』のスペシャル番組『なつぞら SP 秋の大収穫祭』内にて描かれるスピンオフドラマ「十勝男児、愛を叫ぶ!」に中島亜梨沙、川床明日香、坂井真紀の出演が決定した。

本編に登場していない新たな人物として、音尾琢真演じる戸村菊介の妻・カナ子を中島、娘・公英を川床が演じる。また、坂井は藤木直人演じる柴田剛男ととある事情で出会う女性・五十嵐 静を演じる。

戸村カナ子(とむら・かなこ)
菊介の妻。十勝の酪農家の娘で、青年団の集まりで知り合い、一目ぼれした菊介が熱烈にアタックを続け、結婚。最近は、趣味のフォークギターばかりに熱中し、家族のことをないがしろにしている菊介に少々嫌気がさしている。

【戸村カナ子 役・中島亜梨沙コメント】
北海道が舞台の『なつぞら』のスピンオフに出演させて頂けるなんて、北海道出身の私としては、「なまら嬉しい」以外の言葉が見つかりません!音問別の皆さんにも温かく迎えて頂いて夢のような撮影でした。愉快な戸村ファミリーを楽しんで観て頂けたら嬉しいです。

戸村公英(とむら・きみえ)
菊介のひとり娘。帯広の普通学校に通い、父・菊介の影響もあり、フォークソングに最近はまっている。そんな中、両親の気まずい雰囲気を察し、夫婦円満のためにひと肌脱ぐ。

【戸村公英 役・川床明日香コメント】
最初に出演のお話を聞いたときは、「うれしいな!」と思いました。スピンオフなので、すでに完成されている作品の中に入っていく不安や緊張もあったのですが、みなさんが長い時間をかけて作り上げられた世界だからこそ、逆に自然と入っていくことができました。私が演じさせていただいた公英ちゃんは、お父さんのこともお母さんのことも大好きな子です。どちらの気持ちも分かるからこそ、両親に対して「しっかりしてよ~!」と思ってしまうところなど、きっと誰もが一度は経験があることなんじゃないかなと思うので、そういったところで公英ちゃんに共感していただけたらうれしいです。

五十嵐 静(いがらし・しずか)
東京に住むひとり身の女性。剛男とは運命的な縁があり、あることをきっかけに剛男の前に現れる。

【五十嵐 静 役・坂井真紀コメント】
家族で大ファンであります『なつぞら』のスピンオフに出演させていただき、大変嬉しく思っております。さらに、「あれが、あの人のもとへ、戻ってくる!」いう大切なシーン。私自身も放送が楽しみでなりません。たくさんの方々に楽しんでいただけましたら嬉しいです。

番組情報

スペシャル番組『なつぞら SP 秋の大収穫祭』

11月2日(土)NHK BSプレミアム 19:00~20:59
【進行役】広瀬すず、草刈正雄

『とよさんの東京物語』(50分)

【出演】高畑淳子/広瀬すず 中川大志 岡田将生 比嘉愛未 貫地谷しほり 安田 顕 仙道敦子 ほか

【あらすじ】90歳のとよ(高畑淳子)は坂場(中川大志)にアニメの老婆の声を頼まれて、単身上京。アニメの録音現場を訪れ、人気声優・土間レミ子に感動し、“声優になりたい”という夢を持つ。だがその裏には「雪月」を後継に任せたい、という理由があった。時に喜び、時にくじけながらもレッスンを重ねていくとよ。チャレンジに年齢は関係ない、幅広い世代にエールと感動を送る物語。『なつぞら』アニメ・声優チームも総出演。

『十勝男子、愛を叫ぶ!』(50分)

【出演】山田裕貴 福地桃子/広瀬すず 松嶋菜々子 藤木直人 清原 翔 音尾琢真 富田望生 板橋駿谷 ほか

【あらすじ】「雪月」の若夫婦・夕見子(福地桃子)と雪次郎(山田裕貴)のささいな夫婦ゲンカ。それをきっかけに十勝の男子と女子が大分裂、結局、日頃より妻に頭が上がらない十勝男子が、妻のために愛を語るコンテストを開くことに…。夕見子の父・剛男(藤木直人)が語る妻・富士子(松嶋菜々子)への秘めた思いが明らかになる。
人気が高い十勝の個性派キャラ総出演、FFJ大合唱、笑って泣ける感動必至のハートウォーミングドラマ。

【脚本】池谷雅夫、奥山雄太
【脚本監修】大森寿美男
【音楽】橋本由香利
【主題歌】スピッツ「優しいあの子」
【語り】仙道敦子、音尾琢真
【制作統括】磯 智明、福岡利武
【演出】三室すみれ、土井啓太郎

2019年度前期
連続テレビ小説『なつぞら』

連続テレビ小説『なつぞら』

オフィシャルサイト
https://www.nhk.or.jp/natsuzora/

オフィシャルTwitter
Twitter(@asadora_nhk)

オフィシャルInstagram
Instagram(@natsuzora_nhk)

©NHK