映画『真実』“特別編集版”が劇場公開決定!是枝裕和監督のコメント到着

映画『真実』“特別編集版”が劇場公開決定!是枝裕和監督のコメント到着

現在公開中の映画『真実』の“特別編集版”が、新たな本編として11月1日(金)より劇場公開されることが決定。監督を務めた是枝裕和よりコメントが到着した。

構想8年、初の国際共同製作となった是枝監督の渾身の本作は、国民的大女優ファビエンヌが『真実』というタイトルの自伝本を発表したことから、次第に母と娘の間に隠された、愛憎渦巻く“真実”が炙り出されていく物語。

“特別編集版”ではイーサン・ホークを始め、脇でカトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュを支え、見守り、時にはさりげなく優しい的確なアドバイスを送る男性陣にも、よりスポットライトが当てられたものになっている。

【是枝裕和監督コメント】
「私家版」として友人に配るか「愛蔵版」としてDVD特典にするか悩んだ末に、周囲の方々の「せっかくなので」「こっちも好き」というお言葉に背中を押され、劇場公開させて頂くことになりました。イーサン・ホーク好きにはたまらない…はずです。どうぞよろしくお願いします。

是枝裕和監督&宮﨑あおいのインタビュー記事はこちら

是枝裕和監督の最新作『真実』という“家族”の物語に描かれた“人の脆さ”。宮﨑あおいが感じた是枝監督の世界観

是枝裕和監督の最新作『真実』という“家族”の物語に描かれた“人の脆さ”。宮﨑あおいが感じた是枝監督の世界観

2019.10.11

【STORY】
全ての始まりは、国民的大女優が出した【真実】という名の自伝本。
出版祝いに集まった家族たちは、綴られなかった母と娘の<真実>をやがて知ることになる――。
国民的大女優ファビエンヌが自伝本【真実】を出版。アメリカで脚本家として活躍する娘のリュミール、テレビ俳優の娘婿ハンク、ふたりの娘のシャルロット、ファビエンヌの現在のパートナーと元夫、そして長年の秘書……お祝いと称して、集まった家族の気がかりはただ1つ。「一体彼女はなにを綴ったのか?」
そしてこの自伝は、次第に母と娘の間に隠された、愛憎渦巻く「真実」をも露わにしていき――。

作品情報

映画『真実』“特別編集版”
11月1日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国順次公開

原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:カトリーヌ・ドヌーヴ『シェルブールの雨傘』/ジュリエット・ビノシュ『ポンヌフの恋人』/イーサン・ホーク『6才のボクが、大人になるまで。』/リュディヴィーヌ・サニエ『8人の女たち』
撮影:エリック・ゴーティエ『クリスマス・ストーリー』『夏時間の庭』『モーターサイクル・ダイアリーズ』
配給:ギャガ
©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA
©3B-Bunbuku-Mi Movies-FR3

オフィシャルサイト
gaga.ne.jp/shinjitsu/