米倉涼子主演ドラマ『ドクターX』第2話あらすじ&場面写真が解禁

米倉涼子主演ドラマ『ドクターX』第2話あらすじ&場面写真が解禁

10⽉24⽇(木)21時より放送される、米倉涼子主演のドラマ『ドクターX〜外科医・⼤⾨未知⼦〜』第2話のあらすじと場面写真が到着した。

【第2話あらすじ】
ニシキグループのCEO・⼆⾊寿郎(モロ師岡)が「東帝⼤学病院」に⼊院。肝移植を望んでおり、⼿術が成功した暁にはファンドに10億円の出資を約束してくれていることもあって、院⻑代理のニコラス丹下(市村正親)は特患として丁重に迎える。しかし⼆⾊には移植のための肝臓提供に同意してくれる家族がおらず、次世代インテリジェンス⼿術担当外科部⻑の潮⼀摩(ユースケ・サンタマリア)と次世代がんゲノム・腫瘍内科部⻑の浜地真理(清⽔ミチコ)はカンファレンスで、「ドナーが⾒つかるまで内科的治療で症状の軽減を図る」と発表。⼤⾨未知⼦(⽶倉涼⼦)は内科的治療に疑問を呈しつつ、「ドナーがいなきゃオペできないじゃん」と、不満を⼝にする。
⼀⽅、未知⼦は病棟で、退院しようとしてたドミノ師の古沢研⼆(清原 翔)を発⾒。肝がんステージⅢを患い、⽣体肝移植を待ちながらも治療費の滞納で退院を余儀なくされていた古沢を、未知⼦は強引に病室に連れ戻す。
古沢の恋⼈・⼆⾊由理(上⽩⽯萌歌)は、新たに担当医になった未知⼦に「私の肝臓を研ちゃんにあげてください」と懇願。だが未知⼦には、「⽇本では他⼈同⼠の⽣体肝移植は認められていない」とすげなく断られてしまう!
やがて由理が、⾏⽅不明だった⼆⾊の末娘だということが判明。移植プロジェクトチームは、由理にドナーになってくれるよう説得を開始する。しかし由理は、「あんな⼈、親じゃない」と聞く⽿を持たない。そんな由理に、古沢を救う策を思いついた未知⼦はある交渉を…。 

番組情報

テレビ朝⽇開局60周年記念『ドクターX〜外科医・⼤⾨未知⼦〜』
毎週⽊曜午後9 :00〜午後9:54放送

オフィシャルサイト
https://www.tv-asahi.co.jp/doctor-x_03/index.html