三谷幸喜「僕には自分の北京語がわかりません」。映画『記憶にございません!』台湾プレミア上映&ティーチイン開催!

三谷幸喜「僕には自分の北京語がわかりません」。映画『記憶にございません!』台湾プレミア上映&ティーチイン開催!

大ヒット上映中の三谷幸喜監督最新作『記憶にございません!』のプレミア上映会とティーチインが、10月18日、19日に最初の海外公開地となる台湾で開催された。

日本での公開後、海外からの配給オファーが続々と入るなか、その第1号として10月25日(金)より公開が決定しているのが台湾。ドラマ『古畑任三郎』をはじめ、三谷作品の台湾での人気は高く、過去には、映画『THE 有頂天ホテル』『ザ・マジックアワー』『ステキな金縛り』『清須会議』も公開されており、今回の本作台湾公開を機に熱烈な訪台オファーに応えたという。プレミア上映会の会場には、三谷監督の最新作を心待ちにしたファンが上映前から長蛇の列を作り、観客の中には三谷監督の似顔絵の入った特製のうちわを持って応援に来る三谷フリークの姿も。

また、上映中は、満席の会場から劇場の外まで笑い声が聞こえるほどの大爆笑の渦が巻き起こる盛り上がり。こっそり上映中の様子を見た三谷監督も、場内の笑い声の多さに驚いていたという。

上映後のティーチインでは、三谷監督が北京語で「こんばんは、三谷幸喜です。僕の北京語わかりますか? 僕には自分の北京語がわかりません」とユーモアを交えて流暢に挨拶すると、会場は大爆笑。観客からの質問で、「次に仕事をしてみたい俳優さんは?」という問いにも、すかさず「リン・チーリンさんです」と答え、場内はまたもや大爆笑。その後も続々と質問が続き、ティーチインは終始観客の笑い声に包まれ、大盛況のうちに終了。イベント後には、来場したファンとハイタッチをかわし、のべ400人の観客と交流を深めた。

日本では9月13日に公開を迎えた本作だが、劇中の支持率2.3%の総理大臣とは打って変わって、20代からシニア層まで幅広く支持され、超大ヒットとなっている。さらに、10月22日まで動員260万人突破、興行収入33億円を記録。また、本作は台湾での公開のほか、韓国からはリメイクオファーを受けるなど、日本のみならず海外でも高い評価を受けている。

【三谷監督 舞台挨拶コメント】
僕は台湾の皆さんが大好きです。皆さんは映画館で、全力で映画を楽しんでくれているように思います。映画館の中から聞こえてくる笑い声の大きさは日本の映画館以上かもしれませ(笑)。次も必ず、皆さんに楽しんでもらえるような映画を作って、またここに戻って来たいと思います。ありがとございました。

【観客のコメント】
30代男性:三谷監督の映画は大好きで、やっぱり今作品も面白くて、温かい気持ちになりました。三谷監督大好きです!
40代女性:ずっと楽しくて、笑いすぎてお腹が痛かった。ジェットコースターに乗っているみたいで楽しかった。奥さんへの告白は、一番感動して泣きました。三谷監督、また台湾にいらっしゃってください。
20代女性:三谷監督の今までの作品は好きで見ています! 三谷監督は、ズバリ好きなタイプでした。とてもいい作品を作ってくれてありがとうございます! 一週間明るい気分でいられます! ありがとうございました。

【STORY】
病院のベッドで目が覚めた男。自分が誰だか、ここがどこだか分からない。一切の記憶がない。こっそり病院を抜け出し、ふと見たテレビのニュースに自分が映っていた。演説中に投石を受け、病院に運ばれている首相。そう、なんと、自分はこの国の最高権力者だったのだ。そして石を投げつけられるほどに…すさまじく国民に嫌われている!!! 部下らしき男が迎えにきて、官邸に連れて行かれる。「あなたは、第百二十七代内閣総理大臣。国民からは、史上最悪のダメ総理と呼ばれています。総理の記憶喪失は、トップシークレット、我々だけの秘密です」真実を知るのは、秘書官3名のみ。
進めようとしていた政策はもちろん、大臣の顔と名前、国会議事堂の本会議室の場所、自分の息子の名前すら分からない総理。記憶にない件でタブロイド紙のフリーライターにゆすられ、記憶にない愛人にホテルで迫られる。どうやら妻も不倫をしているようだし、息子は非行に走っている気配。そしてよりによってこんな時に、アメリカ大統領が来日! 他国首脳、政界のライバル、官邸スタッフ、マスコミ、家族、国民を巻き込んで、記憶を失った男が、捨て身で自らの夢と理想を取り戻す! 果たしてその先に待っていたものとは…!?

作品情報

『記憶にございません!』
全国東宝系にて大ヒット公開中

脚本/監督:三谷幸喜
出演:中井貴一 ディーン・フジオカ 石田ゆり子 草刈正雄 佐藤浩市 小池栄子 斉藤由貴 木村佳乃 吉田 羊 山口 崇 田中 圭 梶原 善 寺島 進 藤本隆宏 迫田孝也 ROLLY 後藤淳平(ジャルジャル) 宮澤エマ 濱田龍臣 有働由美子
製作:フジテレビ 東宝
制作プロダクション:シネバザール
配給:東宝
©2019 フジテレビ 東宝

オフィシャルサイト
https://kiokunashi-movie.jp/