『モンスト』のXFLAGスタジオによる新作『ファイトリーグ』が配信開始

『モンスト』のXFLAGスタジオによる新作『ファイトリーグ』が配信開始

ミクシィのXFLAGスタジオは、新作スマホゲーム『ファイトリーグ』を日本や韓国など6カ国で配信を開始した。「タッグバトルエンターテインメント」と銘打っているとおり、友人とタッグを組んで2対2のバトルを行う戦略ゲーム。ターン制なので、一手ずつじっくり考えながらプレイする。


XFLAGスタジオの新作『ファイトリーグ』がついに開幕!
~本日6月22日より、6カ国・地域で提供開始!~

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、 代表取締役社長:森田 仁基)のXFLAG(エックスフラッグ)スタジオは、新作スマホゲーム『ファイトリーグ』を日本・韓国・台湾・香港・マカオ・カナダにて本日6月22日(木)より提供を開始します。

『ファイトリーグ』は、2人の知恵と勇気をかけた熱きタッグバトルエンターテインメントです。友人とタッグを組み、数々の対戦を通して、パートナーと一緒にアプリの中だけでは完結しない「深い友情やコミュニケーション」でリアルに盛り上がる体験が最大の魅力です。
スポーツなど各種エンターテインメントのように、プレイヤーも観戦者も皆が熱狂できる「全世界的な競技」としての普及を実現するべく、日本・韓国・台湾・香港・マカオ・カナダの全6カ国・地域で本日より配信を開始いたします。

■ゲーム説明
・ブランド
ファイターはそれぞれの特性を持つ5ブランドに分類されます。
それぞれのブランドの「デザインモチーフ」には現実世界にあるものをチョイスし、その結びつきを残すことで親近感を持てるデザインに仕上げました。

また、 ファイター達は、 持ち主の思想や能力によって様々な形状・見た目に変化するヤジルシの形をした超常能力「ファイトアーツ」を持っています。
ファイターを操るプレイヤーは、 特性の異なるブランドごとにオリジナルのチームを編成し、 バトルに挑みます。 バトルでは、 1人1つのブランドのみ使用可能なため、 友人とタッグを組んで2つのブランドを組み合わせることで、 より戦略の幅が広がりバトルを有利に進めることができます。

・ブランドの種類 (イメージ画像の左より)
○TOYS of the DEAD(トイズオブザデッド)(紫)
○アスリートクリーチャーズ(緑)
○十八番街(じゅうはちばんがい)(赤)
○GGG(ジージージー)(青)
○Justice Professionals(ジャスティスプロフェッショナル)(黄) 

・ファイトリーグの遊び方
先に敵のリーダーを倒せば勝利と、 いたってシンプルなルールです。
○10体のファイターでチームを編成
○10マスのフィールドにファイターを配置
○ファイターはそれぞれがもつヤジルシの方向に攻撃
○仲間に攻撃を繋げればチェイン(連鎖)が起きる!
○先に敵のリーダーを倒せば勝利!

■ゲームプレイ画像



【アプリ概要】
アプリ名:ファイトリーグ
カテゴリ:タッグバトルエンターテインメント
プレイ料金:無料(一部有料/アイテム課金あり)
対応機種(OS):
【iOS】iOS9.0以降
【Android】Android4.1.0以降(一部非推奨端末あり)
アプリダウンロードURL:
【iOS】 https://itunes.apple.com/jp/app/id1195813531?mt=8
【Android】 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.xflag.fightleague

■「ファイトリーグ」公式サイト/公式twitterアカウント
・公式サイトURL: https://fight-league.com
・公式twitterアカウント: https://twitter.com/xflag_fl

© mixi, Inc. All rights reserved.

※リリース情報を基に記事を掲載しています。