河瀨直美監督作品『光』劇中映画「その砂の行方」(主演:藤竜也)の劇場公開、遂に実現!

河瀨直美監督作品『光』劇中映画「その砂の行方」(主演:藤竜也)の劇場公開、遂に実現!

第70回カンヌ国際映画祭にてコンペティション部門に正式出品され、日本人女性監督初の快挙となるエキュメニュカル審査員賞を受賞した河瀨直美監督作品『光』。

弱視のカメラマン・雅哉(永瀬正敏)と視覚障碍者に向けた映画の音声ガイドの仕事をする美佐子(水崎綾女)を軸に、閉ざされた人生に「光」を見い出す人々の姿を描いた重厚なストーリーだ。

映画内映画となっている、美佐子が音声ガイドをつける劇中映画『その砂の行方』がシアター・イメージフォーラム他にて6月30日(金)より劇場公開する事が決定した。

『光』は劇場公開直後より、何度も劇場へ足を運ぶ観客が多く、熱い感想と様々な問合せが寄せられていた。その中でも藤竜也が主演を務めた劇中映画『その砂の行方』は、カンヌ国際映画祭にて河瀨監督が公開を発表していたこと、そして全編を観たいという声が観客のみならずキャストからも挙がり、この度映像の最終調整を経て、劇場公開に踏み切る事となった。 

『その砂の行方』は映画『光』の劇中で使用された部分だけではなく、一つのオリジナル映画として製作された16分の短編作品となっている。脚本から撮影に至るまで、河瀨監督はじめ、本編と同じチームが手掛け、キャラクター設定やストーリーも細部まで作り込まれている。本作の監督は、藤竜也演じる本編『光』に登場する北林という設定。運命の女性に囚われ、過去に執着する男・重三を、その北林自らが熱演し、認知症の妻・時江役を神野三鈴が演じている。

公開初日には、藤竜也らを迎えたトークイベントの実施が予定されている。(※『その砂の行方』は、本編『光』との併映。

【ストーリー】
目の前から消えてしまうものほど、美しい―
かつてサンド・アートで一世を風靡した吉原重三(北林[藤竜也])は、年老いて、今は妻・時江(神野三鈴)とともに、人里離れた場所で暮らしている。認知症を発症した時江は、度々家を抜け出し徘徊していたが、その度に重三は時江を強引に連れ戻すのだった。重三は時江と2人でこの家に留まることに固執していたのだ。しかし、ある朝目覚めると時江の姿はどこにもなかった。焦燥感に駆られた重三は、家を離れ、20年ぶりに駅に向かう。聞けば、朝一番の電車に老女が乗ったという。飛び乗った電車で海辺の町に着いた重三。どこまでも続いているかのような砂浜を、時江を求めてただひたすらに歩き続ける。そして、砂の斜面を上り詰めた重三が、そこで見たものとは–。


映画『その砂の行方』

シアター・イメージフォーラムにて、6月30日(金)、7月1日(土)上映!
(本編『光』と併映)
※音声ガイド対応はしておりません。
※『その砂の行方』はBDでの上映となります。
※その後の上映スケジュールは公式サイトで随時告知を予定しております。 

<特別ゲストの舞台挨拶決定!>
日時:6月30日(金) 16:00上映回(本編上映後の登壇)、18:45上映回(本編上映前の登壇)
ゲスト:藤⻯竜也、神野三鈴(予定)
※ 7月1日(土)の上映時間は後日、オフィシャルサイトにて告知。
オフィシャルサイト http://hikari-movie.com

 

 

映画『光』

全国公開中

視⼒を失いゆくカメラマンと出逢い、美佐⼦の中の何かが変わりはじめる――
⼈生に迷いながら、単調な⽇々を送っていた美佐⼦(水崎綾女)は、とある仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐⼦は雅哉の無愛想な態度に苛⽴ちながらも、彼が撮影した⼣日の写真に⼼を突き動かされ、いつかこの場所に連れて行って欲しいと願うようになる。命よりも大事なカメラを前にしながら、次第に視力を奪われてゆく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐⼦の中の何かが変わり始める――。

監督・脚本:河瀨直美
出演:永瀬正敏 水崎綾女

神野三鈴 小市慢太郎 早織 大塚千弘/大西信満 白川和子/藤竜也
製作:木下グループ、COMME DES CINEMAS、組画
製作統括:木下直哉 プロデューサー:澤田正道、武部由実子
撮影:百々新 照明:太田康裕 録音:Roman Dymny
美術:塩川節子 編集:Tina Baz サウンドデザイン:Olivier Goinard
衣装:渡部祥子 ヘアメイク:南辻光宏 ラインプロデューサー:齋藤寛朗
制作担当:越智喜明 助監督:近藤有希
製作:『光』製作委員会 制作プロダクション:組画 制作協力:カズモ
配給:キノフィルムズ/木下グループ 宣伝協力:フリーストーン
©2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE
オフィシャルサイトhttp://hikari-movie.com