中村憲剛選手が『超体感ステージ「キャプテン翼」』オフィシャルサポーターに就任! オフィシャルインタビュー、コメント動画も公開!

中村憲剛選手が『超体感ステージ「キャプテン翼」』オフィシャルサポーターに就任! オフィシャルインタビュー、コメント動画も公開!

2017 年 8月 18 日(金)~9月 3日(日)まで、Zeppブルーシアター六本木で上演される舞台、『超体感ステージ「キャプテン翼」』のオフィシャルサポーターに、元日本代表の中村憲剛選手(川崎フロンターレ)が就任することが明らかになった。 

本公演は、世界中にファンを持つ名作サッカー漫画の舞台化で、フランス国際 Jr.ユースを制した主人公・大空翼率いる全日本チームが、最強のクラブチームとの決戦に挑むオリジナルストーリーが展開。観客が特注のベストを装着して舞台の演出に併せてリアルな振動を体感するという最新のインタラクションテクノロジーと映像、音響、アクロバティックなダンスやアクションが融合する、画期的な演出が見どころだ。 

そんな『超体感ステージ「キャプテン翼」』に向けた、中村憲剛選手のオフィシャルインタビューが到着。舞台公式サイトでは、中村憲剛選手のコメントムービーも公開されているので、併せてチェックしてほしい。

【中村憲剛選手インタビュー】

「キャプテン翼」ファンといえば中村憲剛選手、ということで今回舞台版のオフィシャルサポーターに就任されたわけですが、まず原作に対する思いを聞かせてください。
コミックはまだ持ってますよ。二世代に渡って、いまは息子も読んでます。まだ読めない漢字とかもあるんですけど本人から読みたいって。ちょっとずつハマってきてますね。この前、100巻を達成したんですよね。ほんとすごいなぁって思います。最初は翼くんのほうが年上だったんですけどね。いつのまにか越しちゃいました(笑)

子供のころ真似したプレーはありましたか?
必殺技はだいたい一通り、真似しようとしてましたね。昔、一番真似をしたのは三角蹴りだったんですけど、全然できなかったです(笑)オーバーヘッドもよく真似しました。ドライブシュートは打てそうな感じでしたね。試合でもそれに近いのは打ったことありますけど、浮いたボールにドライブ回転はかけられますけど、何もないところからドライブを掛けるのは難しいですね。あと雷獣シュート!あれはスパイクに穴が開いちゃうからやらなかったです。(笑)

原作の高橋先生にお会いになったことは?
何度か仕事でご一緒させていただきましたが、感動しました。震えましたね!実際に漫画にも登場させていただいて、(憲剛選手が日向くんにスルーパスを出すシーン)すごく嬉しかったです。

「キャプテン翼」で好きな選手を教えてください。
うーん、みんな好きですね。特にディアス選手は好きでした。一番インパクトがありましたよね。当時、「翼くんが初めて負けるのはディアスなんじゃないかな?」って思ってたり(笑)。この間の連載(グランドジャンプ「キャプテン翼ライジングサン」)でも久しぶりにディアス選手が出てきて嬉しかったです。組み合わせ表を見てテンション上がりました(笑)。ジュニアユース編くらいからシュナイダー選手やヘルナンデス選手、ピエール選手というキャラクターが出揃ってきて面白かったですね。ブラジルとかオランダが出てきて、なかなかアルゼンチンと当たらなくなっちゃって、少しさびしかったです(笑)。

ジュニアユース編といえば、フランス戦の審判(ホーム贔屓?)のエピソードがありましたよね。自身がプロになっても実際にそういうシーンはありますか?
あるある!(笑)当時は読んでてムカついたりしてましたけど、意外とそういう記憶が自分の引き出しにあってよかったなっていう。まぁ審判も人間ですから!わざとじゃないし(笑)

そういう意味では、憲剛選手が審判に対する異議でイエローカードをもらったことは殆どないですよね。
ほとんど無いんじゃないんですかね。まぁキャプテンでもありましたしね、その辺のフェアプレー精神は間違いなく翼くんから学んだと思ってます!もう翼くんと岬くんはフェアプレーのかたまりですからね!彼らは完全無欠なんですよ!

今回の舞台、実写版という意味では以前大久保嘉人選手と“反動蹴速迅砲”にチャレンジした動画が世界中で反響がありましたね。
あれは本気でやりましたよ。20回以上やりましたね!最初全然当たらなかったんですけど、出来た時には嘉人と二人で興奮しましたね(笑)

翼くんと同じ中盤のゲームメーカーとして活躍する憲剛選手として重なる部分とか共感できる部分とかありますか?
うーん、共感というか、やっぱり翼くんて完全無欠じゃないですか。自分と照らし合わせてみて、心が広いなっていうのはありますね。ほんとにサッカー小僧がそのままサッカー楽しくて巧くて、勝ち上がっていくという。若干の嫉妬もあり、いいなって思いますね。声のかけ方ひとつでも、「俺だったらそう言わないだろうな」っていうところを翼くんはポジティブに言っていたりとか。

憲剛選手も日本人の選手の中ではそういうイメージが強い選手だと思いますけど
翼くんと比べたらだいぶ毒素はあるなっておもいます(笑)。ここまで王道を走れる選手っていないから惹きつけられる部分がありますね。逆に眩しすぎる部分もあって、日向くんみたいなハングリー精神に共感する選手もいるんだろうし。マイナスを力に変えるみたいな。翼くんを目指すんだけど眩しすぎて目指せなくなるっていうのはあるんでしょうね。それくらい翼くんは凄いんだとおもいますね。

だからこそ他のキャラクターが際立ってくるんでしょうね。
そうなんです。映えるんですよ!翼くんはいつも“ゴーイングマイウェイ”じゃないですか。そこをうまくサポートする石崎くんや若林くんがいて、翼くんはとにかく自分のやるべきことに真っ直ぐ進んでいく、みたいな。でもそれが結果的にチームを引っ張って勝たせていくという。こういうサッカー選手になりたかったなぁって思います。

夢を与えるという部分では、憲剛選手もなっていると思いますよ?
翼くんみたいに、楽天的になりたいなっていうのは常に思ってますね。サッカー小僧というか、サッカーが好きという部分では翼くんにも負けてないかなとは思います。それも含めて「キャプテン翼」に影響を受けた部分が大きいですね。

今回「キャプテン翼」が初めての実写舞台化になりますが率直な感想を聞かせて下さい。
遂に!?ですね。実写化はできないと思ってましたから(笑)。初めて見るものになりそうですね!いろんな技術も含めて必殺技がどう表現されるのか、もう単純に楽しみです。スカイラブハリケーンとかどうするんだろうって(笑)。「キャプテン翼」を知っていれば知っているほど面白いんじゃないかな!

出演者に一言
みなさん身体能力がハンパないですね!翼くん役(元木聖也)とか凄いじゃないですか。俄然楽しみになってきました!期待しています!

(聞き手:岩本義弘)

 

【STORY】
新たな敵が今、翼率いる全日本チームの前に立ちはだかる…
過酷を極めたフランス国際Jr.ユースを制した翼と全日本
次なる目標『W杯優勝』を掲げ、邁進しようとしていた。
その一方で世界のU20の選手たちが集結し、RED STORMというクラブチームが設立された。 

その中には過去戦った選手も、そして翼たちも知らないまだ見ぬ強敵も含れていた。

RED STORMの初陣は翼率いる全日本。翼はRED STORMとの試合に闘志を燃やすが…

果たして翼はこの最強敵を倒すことができるか

夢をあきらめない大空翼のキックオフが今始まる。


超体感ステージ 『キャプテン翼』
2017年8月18日(金)~9月3日(日) 23回公演予定
会場: Zeppブルーシアター六本木
総合演出 : EBIKEN (蛯名健一)
脚本、演出アドバイザー : 加世田剛
振付:松永一哉
企画/主催:Zeppブルーシアター六本木運営委員会[Zeppライブ、パルコ、トリックスターエンターテインメント、クリエイティブマンプロダクション、トムス・エンタテインメント、イープラス、ローソンHMVエンタテイメント、ぴあ]
集英社/テレビ東京

主なキャスト
大空 翼:元木聖也
若林源三:中村龍介
日向小次郎:松井勇歩
岬太郎:鐘ヶ江 洸
三杉淳:鷲尾修斗
若島津 健:渡辺和貴
石崎 了:輝山 立
松山 光:反橋宗一郎
早田 誠:土井一海
新田 瞬:加藤真央
次藤 洋:皇希
立花政夫:大曽根敬大
立花和夫:廣野凌大
ロベルト本郷:田中稔彦
見上辰夫:瀬川 亮

オフィシャルサイト http://captain-tsubasa-stage.com/ 
公式Twitter : @tubasa_supersta
公式Facebook: @tubasasuperstage

©高橋陽一/集英社 / ©超体感ステージ「キャプテン翼」製作委員会