長澤まさみ&松田龍平&長谷川博己が見つめる先は…?『散歩する侵略者』メインビジュアル公開

長澤まさみ&松田龍平&長谷川博己が見つめる先は…?『散歩する侵略者』メインビジュアル公開

9月9日(土)公開の『散歩する侵略者』のメインビジュアルが解禁された。

劇作家・前川知大率いる劇団“イキウメ”の同名舞台を、長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己をキャストに迎えて黒沢清監督が映画化した本作。今年5月に開催された第70回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門にも正式出品され、行方不明だった夫が“侵略者”に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイディアをもとに、サスペンス、アクション、ラブストーリーと多彩なジャンルを織り交ぜながらストーリーが展開する。

今回解禁されたメインビジュアルは、「世界は終わるのかもしれない。それでも、一緒に生きたい。」というキャッチコピーとともに、長澤まさみ扮する主人公・加瀬鳴海と、松田龍平が演じる侵略者に乗っ取られた夫・加瀬真治が、変わりゆく世界を前に佇む様子が切り取られている。一見、爽やかな青空には暗雲が立ち込めようとしており、不穏な雰囲気が醸し出されている。一方、二人の静けさとは対照的に、長谷川博己扮する一家惨殺事件を追うジャーナリストの桜井が世界の混乱に巻き込まれながらも立ち向かって躍動する様子も写し出されている。鳴海、真治、桜井のそれぞれが見つめる先にあるものは何なのか。先が読めない展開に期待が高まる。

本作は長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己のほか、桜井が密着取材を申し入れる若き“侵略者”である天野役を高杉真宙が、立花あきら役を恒松祐里が演じる。5人とも黒沢監督作品に初参加であり、それぞれが映画では今回が初共演。その他の出演に、前田敦子、満島真之介、児嶋一哉、光石研、東出昌大、小泉今日子、笹野高史らが名を連ねており、北米を始め、世界21カ国での公開がすでに決定している。


【STORY】
数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか……? その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井は取材中、天野という謎の若者に出会い、二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探し始める。やがて町は静かに不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる。

映画『散歩する侵略者』

2017年9月9日公開

 

監督:黒沢清
原作:前川知大「散歩する侵略者」
脚本:田中幸子、黒沢清

出演:
長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 前田敦子 満島真之介 児嶋一哉 光石研
東出昌大 小泉今日子 笹野高史 長谷川博己

音楽:林祐介
配給:松竹、日活

オフィシャルサイトsanpo-movie.jp

©2017『散歩する侵略者』製作委員会