銀シャリ、プロ直伝の演技にベッキー「どっちもどっち」! 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』吹替キャスト登壇イベントを開催

銀シャリ、プロ直伝の演技にベッキー「どっちもどっち」! 『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』吹替キャスト登壇イベントを開催

7月28日(金)公開のトム・クルーズ主演作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』。そのスペシャルセレモニーが開催され、日本語吹替キャスト陣が登場した。

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』は、『ミイラ再生』(1932)のリメイク作品。『魔人ドラキュラ』(1931)、『フランケンシュタイン』(1931)など、ユニバーサル・スタジオのモンスター映画をリメイクしてシリーズ化する“ダーク・ユニバース”シリーズの第一弾となる。

本作の日本公開を目前に、7月24日(月)に東京スカイツリータウンで開催されたセレモニーには、主人公ニック・モートン(トム・クルーズ)の日本語吹替を担当した森川智之、ヘンリー・ジキル博士(ラッセル・クロウ)役の山路和弘、呪われた古代エジプト王女のアマネット役のベッキー、今回が吹替声優初挑戦となるお笑いコンビの銀シャリが登場した。

長年、トム・クルーズの声を担当してきた森川は、本作のトムの役どころについて「トムと言えば、正統派二枚目スターというイメージですが、今回はちょっとチャラくて、いつもよりキュートなトムでした」とコメント。そんなトム扮するニックと対峙する王女アマネット役のベッキーは、「叫んだりするシーンはお家ではできないので、ぶっつけ本番だったんです。だから何度もやったのは少し苦労しました」とアフレコ時の苦労を明かしながら、「ただただ、今回のオファーをいただけたことが嬉しかったです。バラエティとは違う大人っぽい声を出したので新鮮でした」と出演の喜びを語る。続けて、“ダーク・ユニバース”プロジェクトにおいて最重要人物であるジキル博士役の山路は、本作と“ダーク・ユニバース”の魅力について、「子どもの頃に観ていたクラシックモンスターたちの物語がまた新たにたくさん作られることはワクワクするし、そんな素晴らしいプロジェクトの第一弾作品に携われるのは嬉しい。良い人の役を演じるより、悪い役を演じた方が楽しいし」と笑顔でコメント。そしてこの豪華声優陣の中で、今回が声優初挑戦だった銀シャリの二人。吹替の感想を聞かれると、鰻は「最初は台詞が少ないんだろうなぁって思っていたら、想像よりも多くて驚きました! 何回も撮り直して大変でしたけど、死ぬときのリアクションは一発でした」とコメント。橋本は「バラエティとは声の出し方が違ったのでやや苦労しましたね。結構すぐ死ぬんですけど、次回の出演が楽しみです」とベッキーのコメントを真似て、会場の笑いを誘った。

本作の“呪われた王女の封印が解かれてしまう”ストーリーにちなみ、“封印したいほど恥ずかしい体験をした夏の思い出”を問われた登壇陣。森川は「恥ずかしい思い出はないんですよね。24時間、薄く恥ずかしい」と独自の回答。山路は「いっぱいあって、覚えていないんですよね。満員電車の中でズボンのチャックが開いてたこともあったし(笑)」とまさかのエピソードを明かした。さらにベッキーは「今回のお仕事が決まったとき、自慢しよう思って、LAでダンサーとして活躍している妹に電話したんです。でも、『ソフィア・ブテラっていうハリウッドの新鋭女優の人が演じている役なんだよ』って教えたら、『私、その子と友達だよ』って言われて……! 自慢しようと思っていたのに、なんか恥ずかしかったですね(笑)」と妹とのエピソードを披露。すると、橋本が「(妹が)ダンサーだけに踊らされましたね」とボケて、会場はさらに笑いに包まれた。

ここで、屋内砂像展示施設“鳥取砂丘 砂の美術館”の総合プロデューサー、茶圓勝彦氏によって制作された棺のサンドアートがお披露目された。劇中で王女アマネットが5000年も封印されている棺を精巧に再現したもので、ベッキーは「大きさもさることながら、砂なのに頑丈そうですごい迫力です!」と大興奮の様子。一方の橋本は「これは一度、二度見るだけでなく(サンドアートだけに)三度見てほしいですね!」とコメント。さらに鰻も負けじと「(サンドアートだけに)賛同します!」と立て続けにボケて、会場は爆笑の渦に。

その後、今後も声優として活躍したいと目論む銀シャリの要望で、森川と山路が吹替のコツを伝授する一幕も。鰻がニックの、橋本がジキル博士の台詞をそれぞれ披露すると、森川と山路が「力みすぎかな」「声が少し高いかな」と指摘。実際にやってみせるのが早いということで、森川と山路がそれぞれにプロの技をみせると、銀シャリとベッキーからは「おぉ~!」と感嘆の声があがる。銀シャリの二人は早速、渾身の演技を披露するが、「どっちの方がかっこよかったか」というジャッジを迫られたベッキーに「どっちもどっちかな(笑)」と言われるハメに。しかしこの結果に対し、「難しいですね~。苦労しますね、ラッセル・クロウだけに!」と渾身のボケをかました橋本。ベッキーが「もういいよ!」とツッコミを入れ、再び会場を笑いに誘った。

最後に、森川は「どうも、トム・クルーズです(笑)熱い季節に涼しい劇場で、熱くてクールでちょっとお茶目なトムに是非会いに来てください!」と挨拶。山路は「今回はメイキングとかを観ても、トムとの初共演だからなのかラッセルがすごく楽しそうに撮影をしていたのが印象的でしたし、こんなに楽しそうなラッセルをみたのは初めて。細かい部分ですが、トムとラッセルの仲の良さを是非感じ取ってもらえたらなと思います」、鰻は「全国のすぐ死ぬポリスファンに是非観ていただきたいです」、橋本は「ファミリーからカップルまで幅広く楽しめる作品だと思いますし、映像もさることながらスケール感もすごいので是非映画館に足を運んでいただければなと思います」、ベッキーは「映像、ストーリーともに半端ない迫力です! 夏の大冒険を是非映画館で体感いただければと思います」と、それぞれ挨拶して、イベントは締めくくられた。

なお、今回のイベントでお披露目された棺のモニュメントは、東京スカイツリーソラミ坂にて8月16日まで展示されている。

【STORY】
灼熱の太陽が降り注ぐ現代の中東で、米軍関係者のニック(トム・クルーズ)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は謎の地下空洞に隠された巨大な棺を発見。調査のため棺を輸送するが、想定外の事態により飛行機は墜落。即死であったはずのニックが次に目を覚ますと、無傷で遺体安置所に横たえられていた。混乱するニックはジェニーを連れ、棺の行方を捜すためにその場を後にする。ニックが目を覚ましたその頃、飛行機が墜落したロンドン郊外では、かつてファラオから裏切られ、復讐のために邪悪なモンスターと化し棺に封印されていた古代エジプト王女アマネット(ソフィア・ブテラ)が現代に蘇り、5000年の時を経て人類への復讐をはじめようとしていた―。


『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』
2017年7月28日公開

監督:アレックス・カーツマン
出演:トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、コートニー・B・ヴァンス、ラッセル・クロウ
配給:東宝東和
オフィシャルサイト http://themummy.jp/

(C)Universal Pictures