松坂桃李主演『不能犯』に新田真剣佑、間宮祥太朗、真野恵里菜、安田顕ら出演決定!

松坂桃李主演『不能犯』に新田真剣佑、間宮祥太朗、真野恵里菜、安田顕ら出演決定!

主演・松坂桃李、ヒロイン・沢尻エリカで2018年に公開される『不能犯』に新田真剣佑、間宮祥太朗、真野恵里菜、安田顕らが出演することが明らかとなった。

本作は原作・宮月新、画・神崎裕也による『グランドジャンプ』(集英社)で連載中の同名漫画の実写映画版。“不能犯”とは、“思い込み”や“マインドコントロール”で人を殺すなど、常識的に考えて実現が不可能な行為のこと。殺人の依頼を受け、ターゲットを病死や自殺、事故に見せかけて死に追い詰める宇相吹正(松坂)と、唯一彼にコントロールされない刑事・多田友子(沢尻)との対決を描いている。『貞子 VS 伽椰子』などの白石晃士監督がメガホンをとる。

今回発表されたキャストは新田真剣佑、間宮祥太朗、テット・ワダ、菅谷哲也、岡崎紗絵、真野恵里菜、忍成修吾、水上剣星、水上京香、今野浩喜、堀田茜、芦名星、矢田亜希子、安田顕、小林稔侍の15名。新田が演じるのは、正義感溢れる生真面目な刑事なのに、上司の多田になかなか名前で呼んでもらえない新人刑事・百々瀬麻雄。間宮は、多田のサポートを受けて更生した元不良少年の川端タケルに扮する。そして、ある切ない理由から宇相吹に仕事を依頼する木村優役を真野、優の姉で、両親の離婚のために離れ離れで育った人気ジュエリーデザイナーの夢原理沙役を芦名、多田の先輩刑事・夜目美冬役を矢田、ワケありの鑑識官・河津村宏役を安田が演じる。

そのほか、多田の上司・赤井芳樹役に日本人で初めてフランス版「VOGUE」の誌面を飾ったテット・ワダ、多田の同僚刑事・若松亮平役に菅谷、河津村の後輩鑑識官・前川夏海役に岡崎、妻のために宇相吹に仕事を依頼する羽根田健役に忍成、その妻・桃香役に水上、宇相吹のターゲットとなる悪徳金融マンの木島功役に水上、川端タケルが務める店の先輩料理人・櫻井俊雄役に今野、夢原理沙に彼女の婚約者の医師との関係を疑われる看護師・西冴子役に堀田、そして羽根田夫婦が住む街の町内会会長・鳥森広志役に小林が扮し、スリルと緊迫感を与える演技を披露している。                    

【STORY】
都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。現場では、必ず黒スーツの男の姿が目撃されていた。その男の名は宇相吹正(松坂桃李)、彼こそがSNSで噂の〈電話ボックスの男〉だった。とある電話ボックスに、殺してほしい理由と連絡先を書いた紙を貼 ると、必ず引き受けてくれるというのだ。ターゲットは確実に死に至るのだが、その死因は病死や自殺に事故──そう、宇相吹の犯行は、すべて【不能犯】だった。今日も、愛と欲望、嫉妬と憎しみを抱えた依頼人がやって来る。多田や百々瀬ら刑事たちの捜査が進み、ようやく宇相吹の身柄を確保して任意で取り調べを始めるが、宇相吹は夜目らベテラン捜査官たちさえも手玉に取る。そんな中、多田だけが唯一、宇相吹にコントロールされないことが判明する──。

映画『不能犯』
2018年公開

原作:『不能犯』(集英社『グランドジャンプ』連載 原作:宮月新/画:神崎裕也)
監督:白石晃士
脚本:山岡潤平、白石晃士
出演:松坂桃李 沢尻エリカ
   新田真剣佑 間宮祥太朗 テット・ワダ 菅谷哲也 岡崎紗絵 真野恵里菜 忍成修吾 水上剣星 水上京香 今野浩喜 堀田茜 芦名星 矢田亜希子 安田顕 小林稔侍
配給:ショウゲート
オフィシャルサイト funohan.jp

『不能犯』原作

©宮月新・神崎裕也/集英社・2018「不能犯」製作委員会