岡田准一主演『関ヶ原』の役所広司、有村架純、東出昌大らのメイキング特別映像が解禁!

岡田准一主演『関ヶ原』の役所広司、有村架純、東出昌大らのメイキング特別映像が解禁!

8月26日(土)公開の岡田准一主演『関ヶ原』のメイキングを含む特別映像が解禁された。

司馬遼太郎の国民的ベストセラー小説を、『日本のいちばん長い日』などの原田眞人監督が実写化した本作。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」や、映画『蜩ノ記』以来の本格時代劇への出演となる岡田准一を始め、徳川家康役を役所広司が、本格時代劇と殺陣などのアクションは初挑戦となる有村架純が忍び・初芽役を務め、天下統一を果たした豊臣秀吉の死後、石田三成(岡田)率いる“西軍”と徳川家康(役所)率いる“東軍”に分かれて激突する“関ヶ原の戦い”が描かれる。

この度解禁された特別映像では、これまでほとんど明かされてこなかった本編の映像や、撮影の裏側が垣間見えるリラックスした様子の役所広司、有村架純、東出昌大らのキャスト陣の姿に加え、原田監督が演出している場面や、迫力の合戦のシーン撮影が捉えられている。

後半は武将たちの紹介映像として、三成率いる西軍の右腕、猛将・島左近(平岳大)、家康の策略により心揺れる小早川秀秋(東出昌大)の姿や、家康を頂点にした東軍の忍び・蛇白/阿茶(伊藤歩)、政治的策略に長けた井伊直政(北村有起哉)、福島正則(音尾琢真)らの関係性が確認でき、作品と歴史の理解を深める内容となっている。

【STORY】
関ヶ原の戦い――それは、戦乱の世に終止符を打ち、後の日本のありようを決定づけた。
秀吉亡き後、豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成と、天下取りの野望を抱く徳川家康。両雄はいかにして世紀の合戦に向かうのか?そして、命を懸けて三成を守る忍び・初芽との、密やかな“愛”の行方は……。
権謀渦巻く中、“純粋すぎる武将”三成を中心に、忠誠を誓う島左近、両軍の間で揺れる小早川秀秋など武将たち、彼らを取り巻く女たちの“未来に向けた”戦いが、今、幕を開ける。


映画『関ヶ原』
2017年8月26日公開

原作:司馬遼太郎『関ケ原』(新潮文庫刊)
監督・脚本:原田眞人
出演:岡田准一 有村架純 平岳大 東出昌大/役所広司
配給:東宝 アスミック・エース
オフィシャルサイト http://sekigahara-movie.com/

『関ケ原』原作



(C)2017「関ヶ原」製作委員会