花澤香菜主演映画「君がいなくちゃだめなんだ」原作本(電子書籍)発売&映画配信記念 花澤香菜(主演)×倉田健次(原作・脚本)スペシャル対談 花澤香菜主演映画「君がいなくちゃだめなんだ」原作本(電子書籍)発売&映画配信記念 花澤香菜(主演)×倉田健次(原作・脚本)スペシャル対談 花澤香菜主演映画「君がいなくちゃだめなんだ」原作本(電子書籍)発売&映画配信記念 花澤香菜(主演)×倉田健次(原作・脚本)スペシャル対談

『君がいなくちゃだめなんだ』の原作・脚本を手がけた倉田健次さんと、
映画版に主演した花澤香菜さんが初対談。
小説版を、いち読者として楽しんだという花澤さんと、
自身の体験に根づいた思いを原作にこめた倉田さんが、
映画の裏話などをからめて、終始和やかに語り合った。
どのようにして主人公・楓アンがつくられていったか。
花澤さんが、何を感じてアンを演じたか。
切ない父娘の物語の解釈がより深まる、『君だめ』ファン必読の対談だ。 (interview & text:浅野智哉 interview photo:樂滿直城)

アンちゃんはこういう風に生きている女の子だったんだなぁと、
感じることができました。
── 花澤

書いている側の気持としては、完全に楓アンの父親でした。 ── 倉田

花澤 倉田さん、お久しぶりです。

倉田 ご無沙汰してます。『君がいなくちゃだめなんだ』の試写会のときに、ご挨拶して以来ですね。

倉田 書いている側の気持としては、完全に楓アンの父親でした。この物語は、父親の光平の、頭の中の出来事。僕自身のいろんな実感と強く重なっています。今回、小説版を読まれてみて、どうでした?

花澤 面白く読ませさていただきました!

倉田 ありがとうございます。

花澤 私は演じる側なので、シナリオから物語に入っているんですが、「こんな細かい背景があったんだ」と、感心しました。楓のお父さんとお母さんの出会いとか、すごく素敵。映画版のアンちゃんは、ファンタジーな存在ですが、原作では現実味のある、生身の女の子ですね。トモエさんとのやりとりとか、かなりリアル。

倉田 あそこは映画にはないよね。。

花澤 ですよね。アンちゃんはこういう風に生きている女の子だったんだなぁと、感じることができました。何だか不思議な感覚です。

倉田 花澤さんは彼女本人でもありましたからね。小説の読者としては、特殊な体験をされているかも。

花澤 一番ぐっときたのは、ラストの妖精の丘で、アンちゃんが自分のあったかもしれない人生を、語るところ。あれはもう……うるってきました。

倉田 いいシーンですよね。

私は素直に、面白くて。全編、読みやすかったです。 ── 花澤

小説で書き足したエピソードや設定は初期の段階から、
用意していたもの。
── 倉田

花澤 無理なことですけど。映画の内容を知らないで、もう1回読んでみたいです。

倉田 ありがとう。僕も似たような気持ちがありますよ。映画に出てもらう前に、もし小説版を読んでもらっていたら、どうなっていたかね。

花澤 あー、なるほど。

倉田 演じる側の気持ちも変わったでしょうね。

花澤 はい、だと思います。小説版は、映画の後に書かれたのですか?

倉田 そう。ただ、小説で書き足したエピソードや設定は初期の段階から、用意していたもの。アンの両親の話とかも、最初から構想にはありました。

花澤 うわー、そうなんですね。ニューヨークの場面もですか?

倉田 はい。細かい描写は、現地で撮影していたムラカミ監督などから逐一、報告を受けて、膨らませています。映画の完成版から、フィードバックしたところもありますね。ストランド・ブック・ ストアのシーンとか。五番街のベーグル屋さんとか。

花澤 そう! 書いてもらってるって、嬉しくなりました。

倉田 ストランド・ブック・ストアって、調べると本当に雰囲気のいい老舗の本屋なんですよ。天井まで本棚があって、品揃えがすごい。ニューヨークはせっかく花澤さんたちに行ってもらっているので、読者の方にも背景や街の雰囲気が伝わるように、小説で書きこみました。

花澤 ニューヨークは、いつ行かれたんですか?

倉田 いや、実は行っていません。行ったフリで書いてる。

花澤 えっ!? 何度も行かれているような詳しさですよね。

倉田 そういう意味ではアンと一緒。現実には行ってません。

花澤 あはは。なるほど。

倉田 でもこの小説版、映画を見た人はどんな気持ちで読んでくれるでしょう。ちゃんと楽しんでもらえてますかね?

花澤 楽しんでくれると思いますよ。私は素直に、面白くて。全編、読みやすかったです。

アンちゃんは映画版より、
性格の悪いところが出てますよね(笑) 。
── 花澤

花澤さんの写真と声から、
楓アンのキャラクターをつくっていきました。
── 倉田

倉田 映画のシナリオづくりのときは、花澤さんの写真と声から、楓アンのキャラクターをつくっていきました。小説のアンは、そのイメージから立ち戻り、どんな内面を持った女の子で、何を思い、どう生き、どう行動するかまでを書こうと。そのなかでやっぱり花澤さんの存在は大きくて。小説のアンは半分は僕がつくったキャラクターですけど、もう半分は映画版の花澤さんがいることで完成したと言えます。映画版に引きずられたということではありません。映画で描いてなかったことを描いているうちに、必然的に花澤さんの要素が入ってきた、という感じですね。

花澤 嬉しい、ありがとうございます。小説版のラストでは、アンちゃんと一緒に、お母さんも妖精の丘に向かいますよね。

倉田 最初の設定では、映画版でもトモエさん、お母さんとも丘に行く予定でした。撮影の事情で、アンだけになりましたが。

花澤 私はやっぱり、お母さんにも妖精の丘に来て欲しかったんですね。映画版では、アンちゃんとお母さんはぶつかる感じで終わっているから、切なくて。でも小説の方のラストで、本当に救われました。

倉田 光平は、奥さんとのことも決着させないといけなかったんですね。ひどい形で離婚したと思う。あのままスルーしておいたらダメでしょう。  ただ、彼女も実は亡くなっているという設定なので、安易に登場させるのは危険なんですよね。枠組が、いろいろ崩れてしまいかねない。でも区切りをつけないと、アンの決着もつかないん。ラストで妖精の丘について来て、アンとちゃんと話しあい、光平に託していくという流れをつくれたことで、お母さんの存在意義がまとまりました。僕も好きな場面です。  ちなみにシナリオの初校をつくる段階で、アンに自我を持たせようと言ったのは、ムラカミ監督です。僕は最初、彼女は物語の中の存在で、自分が何者か気づかないままのキャラクターを考えていました。監督と話しあい、アンの設定をつくりあげていったんですが、ファンタジーな要素が広がっていく一方、光平のリアルな父親像が膨らんでいきました。 『君だめ』はアンの物語であると同時に、苦しんだひとり父親の決着の物語でもあると思います。小説版では、その側面を丁寧に描けたかなと。

何か、こう、あの妖精の丘には、
清々しく居たいと思っていたのを覚えています。
── 花澤

残された人間が、大事な人の死を前向きにとらえていくには、
どうしたらいいのか
── 倉田

倉田 アンちゃんは映画版より、性格の悪いところが出てますよね(笑) 。

花澤 若干、自由すぎる感はあります。

倉田 あはは。彼女の心の誠実さがぶれないよう、毒の部分も描いていこうと思いました。創作をする人が、生真面目すぎてはいけない。毒があり、身勝手なところがないと、作家にはなれないでしょう。アンはわがままで、ときにひどいこともトモエさんに言いますよね。あれは作家のリアル。小説では、アンの作家の部分がより出せたかなと。今回、小説を書き上げて、また少しシナリオとの違いをつかめたような気がします。  いまは次の題材を、どうしようかと考えています。個人的には3. 11以降、人の死が重要なテーマになっている。  残された人間が、大事な人の死を前向きにとらえていくには、どうしたらいいのか。哀しむ以外にも、何かあるんじゃないかと。その個人的な模索が、『君だめ』にもこめられています。

花澤 あらためて、すごく深い話なんだ。

倉田 映画のラスト、話の構図としてアンは死者であるわけですよね。物語の中では生きているんだけど、この世にはいない。とても特殊な立ち位置でしたが、花澤さんはどんな気持ちで演じられたんですか?

花澤 うーん……。ムラカミ監督からは、こうしてほしいという細かい指示はありませんでした。ただ「生身で生きているように演じてください」と。でも倉田さんのおっしゃる通り、生きているとも死んでいるとも言えない立ち位置ですよね。  そうだなぁ……何か、こう、あの妖精の丘には、清々しく居たいと思っていたのを覚えています。最後に、アンちゃんがお父さんの背中を押してあげる、というところも含めて。いい顔で、立っていたいなと。怖いとか、迷いみたいなものは感じていませんでした。

倉田 僕は『君だめ』の小説を花澤さんに読んでもらうのは、怖かったですよ。

花澤 えっ!? どうしてですか?

倉田 今回の小説版を読んでもらったのは、映画が完成しただいぶ後ですよね。さっきも言ったけど、もし映画より先に読まれていたら、芝居は変わってた可能性がある。

花澤 そうですね。

倉田 原作者としては、ちょっと申し訳ない気持ちがあります。「こんな設定があるなら早く言ってよ」と怒られたかもしれないと。

花澤 あはは。

倉田 あと、「自分のつくったアンちゃんのイメージと違います」と言われたらどうしようかと。それは怖くて仕方なかった。もし面と向かって否定されたら、何か僕のなかで終わっちゃう。

花澤 へー、そんな心配があるんですね。

倉田 あります、あります。逆に他人の原作だったら、平気で腹をくくれますけど、僕が原作だから余計にね。判断はぜんぶ僕がしないといけないぶん、これでよかったのかと、不安はつきまといます。一応、演じる側に疑問を持たれないよう、細部までつくりこむ努力はしましたが、『君だめ』は一度、映画で完成していますよね。アンという女の子の正解は、楓アンになりきった花澤さんの方にあるとも言えるんですよ。それは光平を演じられた小木茂光さんや、役者さん皆さんも同様。もし花澤さんや彼らに、正解はそうではありませんと言われたら、原作者として大変なミスを犯してしまったと、後悔しますよ。

花澤 なるほど。怖いですね。

倉田 でしょう。

花澤 だけど本当に、小説は楽しく読めました。違う! とは、ちっとも思いませんでした。

※スペシャル対談の完全版は電子書籍「君がいなくちゃだめなんだ-Waltz for Life Will Born-」に収録しています。

profile

花澤香菜 / hanazawa kana

[誕生日] 2月25日  [出身地] 東京都

声優として2004年に声優活動を開始。アニメ・ゲームなどを含む100を超える作品に出演し、その演技力の高さと声質の良さでファンから絶大な支持を受けている花澤香菜。音楽活動は、2012年4月にシングル『星空☆デスティネーション』でソロデビュー、オリコン4位を記録。以降のシングルも上位にランクインし、声優としては史上初となるソロデビュー以来4作連続でのオリコンTop10入りを果たした。2013年2月リリースの1stフルアルバム『claire』は同6位を獲得。2013年12月には音楽活動の2ndシーズンを始動し、5thシングル『恋する惑星』をリリース。2014年2月に25曲入りの2ndアルバム『25』を発売し、オリコン8位、さらにmora総合アルバムウィークリーチャートでは初登場1位を獲得した。各アルバムリリース後にはツアーを行い各地大成功を収め、それぞれBlu-rayとしてもリリースされヒットを記録している。
同年10月1日に、音楽活動3rdシーズンの幕明けとしてSTUDIO APARTMENTをサウンドプロデュースに迎え、6thシングル『ほほ笑みモード』をリリース。新機軸となるクラブミュージックを取り入れたサウンドが注目を浴びた。そして、 12月24日にはやくしまるえつこ作詞作曲トータルプロデュースによる7thシングル『こきゅうとす』をリリースし大きな話題に。
そして、この度、3月下旬よりテアトル新宿にて公開される実写映画『君がいなくちゃだめなんだ』に主役として出演、さらに同映画の主題歌も担当。主題歌である8thシングル『君がいなくちゃだめなんだ』は26歳の誕生日でもある2015年2月25日に発売。4月22日には3rdアルバム「Blue Avenue」をリリース。
http://www.hanazawakana-music.net/

倉田健次 / qurata kenji

岐阜県高山市出身。映画監督、脚本家、映像作家。全世界から次世代作家を選出するサンダンス・NHK国際映像作家賞にて『彼女のSpeed 』グランプリ受賞。『風に逆らう魂のはな』京都アニメーション大賞脚本部門奨励賞。長編監督作『リトルウィング-3月の子供たち-』『藍色少年少女~Indigo Children~』など。

原作本(電子書籍)

「君がいなくちゃだめなんだ-Waltz for Life Will Born-」

著:倉田健次

特別収録:花澤香菜(主演)×倉田健次(原作・脚本)スペシャル対談(完全版)収録

劇場公開された花澤香菜初主演映画「君がいなくちゃだめなんだ」の原作本は電子書籍で配信。
映画をご覧になった方も、これから映画をご覧になる方も楽しめる作品!
映画をより楽しむためにも必読の一冊。

STORY

楓アンは絵本作家。処女作が偶然にも新人賞を獲ってしまい周囲に期待されるも、その後は泣かず飛ばずでスランプ状態に陥っていた。
しかし元々の気ままな性格のせいもあって、担当編集者のトモエとも軽ふざけをして日々の時間を潰す始末で創作の進む気配はない。
ある日、楓は失踪した飼い猫のペローを探す街角で見かけた伝言板で「ペローを蘇らせる代わりにこの世界から太陽を頂くよ。いいのかい?アン?」と書かれた謎のメッセージを見つける。
そして他にも街のあちこちの伝言板に残された不思議なメッセージたちを次々と探しだしていく楓。
楓はそれが幼い頃に失踪した小説家だった父・光平の文章であることに気づくのだが…。

映画

あなたがいたから、私は今ここにいる―
再生したい父と娘を中心に想いと人がつながる、少し不思議で入り組んだ、でも真っ直ぐな物語。

花澤香菜、第一回主演作品。
花澤香菜のミュージックビデオを手掛けてきたムラカミタツヤを監督に起用し、脚本は「サンダンス・NHK 国際映像作家賞2009」にてグランプリを受賞した倉田健次が本作のために書きおろし。花澤香菜の音楽活動のプロデュースを手掛ける北川勝利(ROUND TABLE)が本作でも音楽を担当。そして父親役には一世風靡セピアのリーダーとして活動し、現在は俳優として映画やテレビで活躍する小木茂光を迎え、ムラカミ監督ならではの映像美溢れるフィルムに花澤香菜の熱演が詰まった中篇作品。

CAST

花澤香菜 渡辺奈緒子 浅森夕紀子 志村美空 中村さん 兎本有紀/小木茂光

STAFF

監督:ムラカミタツヤ
脚本:倉田健次
音楽:北川勝利(ROUND TABLE)
制作プロダクション:SEP / KURUWA
制作・配給:アニプレックス

http://www.kimigainakucha.net/

PLAYSTATION VIDEO

豊富な映像コンテンツを取り揃えている
PlayStation™ Videoで
「君がいなくちゃだめなんだ」
をもっと楽しもう!

PlayStation™ Video とは?

ハリウッドの大作から話題の邦画、放送中のドラマや人気のアニメ、懐かしのあの作品まで、豊富な映像コンテンツを取り揃えているビデオ配信サービス。PlayStation™ Videoだけの独占配信タイトルや、TV放送中のアニメやドラマ、一般発売よりはやく観られる先行配信タイトルなどがたくさんあります。

1. まずは簡単!アカウント登録

PC(WEBブラウザ)やモバイル端末から、 PlayStation™ Videoへアカウントの登録をしよう。

2. 対応機器を選んで試聴開始!

試聴したい機器を以下よりお選びください。

花澤香菜 ミュージック作品

New Album

「Blue Avenue」

New Single

「君がいなくちゃだめなんだ」

New Blu-ray

「君がいなくちゃだめなんだ」

配信作品はこちら

CD、Blu-ray、DVDはこちら